仮想通貨デバイス用のオープンソースシステムBraiins OSとは?

お気に入り0

Braiins社は、2013年からスラッシュプールを開発運営してきた会社です。プールとは別にマイニングと仮想通貨業界に関する様々なプロジェクトに取り組んでいます。本記事で紹介していきます。まずはBraiins OSです。



目次

Braiins OSとはBraiins OSの開発経緯Braiins OSの初回リリースについて



Braiins OSとは

Braiins OSとは仮想通貨の埋め込み型デバイス用でLinuxベースの初めての完全なオープンソースシステムです。初回リリースではマイニングデバイスを対象としていますが、OpenWrtをベースとして使用すれば、その機能を多方面へ拡張できます。

例えばビットコイン・コアとライトニングネットワークソフトウェアを組み込み、バナナパイなどのシングルボードコンピュータ用のイメージを公開して、使用者が独自のビットコインおよびライトニングノードを簡単に実行できるようにしたいと考えています。



Braiins OSの開発経緯

Braiins社はオープンソースを信頼しています。ハードウェアを所有していれば、「隠された機能」については心配することなく完全にコントロールできるはずです。残念なことに現在のマイニングハードウェアの大半はそうではありません。


Braiins社はスラッシュプールの運営期間中、マイニング機器が無益な問題を引き起こし、多くの規格外の動作をするケースを目の当たりにしました。だからこそBraiins社はプールで標準的に予想通りに動作するユーザーと弊社の両方に利益のあるファームウェアを作ると言う結論に至りました。


機能面でBraiins OSは、市販のファームウェアとほとんど同じです。ハードウェアとその動作状態を監視し、エラーを処理し、様々なパフォーマンスデータを提供します。

機能は今後さらに増えるでしょう。それよりもマイナーがとくに喜ぶような、パフォーマンスの改善も考えている様です。



Braiins OSの初回リリースについて

Braiins OSの初回リリースには、アントマイナーS9とドラゴンミントT1(ザイリンクスベースのコントロールボードを使用した変種のみ)のイメージが含まれています。

T1の場合、オープンソースのビットストリームも使用可能です。Braiins社のS9のイメージは現在、元の市販のビットストリームを使用していますがBraiins社はこの点については研究中とのことです。

Braiins OSはアルファ段階にあり、まだ大規模なテストがされていないことに注意してください。現在規模の拡大は推奨されていません。今後似た様なマイニングオープンソースシステムが出てくるかもしれません。




ユーザー紹介

仮想通貨アナリスト(自称)
MONAアドレス MJ16EkWVPJPuAy2E1FyJj2hcH4TwmT6Hho

このユーザーの記事一覧

コメントはまだありません

コメントを書く

関連する記事

2018年一番のASIC!?DAYUN Zig Z1 +1は買いなのか?利益と回収期間について考える

下手こいた〜 Z1の購入を逃した電脳モグラです。 今回は、今年一番の当たりASICとなる見込みのDAYUN Zig Z1 +1について色々考察していきたいと思います。Z1を一番最初に購入したマイナーの方は完全勝利だと思います。(いいなー)目次ASIC DAYUN Zig Z1 +1とは?DAYUN Zig Z1 +1の利益DAYUN Zig Z1 +1の購入方法DAYUN Zig Z1 +1の不安な点DAYUN Zig Z1 +1買いなのか?ASIC DAYUN Zig Z1 +1とは?Z1はメーカー不明で、販売代理店経由でしか買うことが出来ないASICです。このASICではLyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨をマイニングすることが可能です。Lyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨Lyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨は全部で6種類あります。 Monacoin(MONA) Vertcoin(VTC) Verge(XVG) Hanacoin(HANA) Straks(STAK) Galactrum(ORE)Vertcoin(VTC)はZ1が発売されてから早々にハードフォーク(アルゴリズムの変更)を宣言しました。DAYUN Zig Z1 +1の利益実際にどのくらい利益が出るのでしょうか?下記は電気代25円で計算した利益一覧表です。マイニング期間利益1時間236円1日 5,672円1週間39,617円1ヶ月170,175円3ヶ月510,525円かなりの高収益です。40万円で買えたら超ラッキー!(モグラも買うチャンスはあったけど・・逃してしまった。)DAYUN Zig Z1 +1の購入方法Z1を購入するには大きく分けて2つの方法があります。中国へ買いに行く日本人の大口マイナーの人から買う大口マイナーの人から買うのが一般的でしょう。日本の悪徳マイニング会社から買うのは絶対にやめましょう!彼らは最低でも、相場の2倍以上の価格で販売しているので、初期費用を回収するのが非常に困難になります。これはZ1に限ったことではないのですが、ASICをメーカー価格の倍以上で売るのはどう考えてもおかしいです。DAYUN Zig Z1 +1の不安な点モグラはなぜZ1を買わなかったのかそれは・・ビビリ症だからです!マイニングで一番致命的なのはスキャムをつかまされる事です。たった一回のスキャムで致命的なダメージを受けてしまうのです。なぜメーカーが不明なのか?Z1は発売当初メーカー不明でした。(今はどうなのか知らないけど)ASICメーカーが自社を隠す特別な理由ってなんでしょう?やましい事があるから?大手ASICメーカー隠し子会社?理由はわかりませんが、これが一番引っかかりました。数ヶ月前からマイニングされていた記録ありZ1(Z1 +1じゃないよ)が発売された直後に購入したマイナーの人が、「届いたASICがどう見ても新品ではなく中古品だ!」と言っていました。その方曰く、色々調べた結果、数ヶ月前から稼働していたものだったらしいです。これはメーカーが稼働させていたのでしょうか?真相は闇の中初心者にはちょっと難しい設定や安定稼働にやや難があるのがZ1、初期設定時のIPが見つからなかったり、ファームウェアが古いバージョンの場合は安定稼働が難しいようです。現在は最新のファームウェアを入れる事でこれらの問題を解決出来ます。ただし、ASICが初めて、マイニングが初めてという方にはハードルが少し高めかもしれません。日本語の情報も少なめです。ミニサイズ・・モグラはZ1を初めて見たときピーンと来ました。これは・・Baikal(バイカル)のNシリーズのはめ込みのやつと同じパターンでは?恐らくZ1 Masterが出てくると思います。(知らんけど)Z1はかなり高収益なASICなのにも関わらず、大口マイナーの方々が販売に困っているという話をちらほら聞きます。(大口マイナーの人は既に新機種情報を仕入れているので早く完売したいのでは?)更にZ1はかなりネット広告を出しています。海外のマイニングサイトではZ1の広告がかなり目につきます。なぜこれほど高収益なASICが・・・Z1でマイニング可能な仮想通貨の時価総額問題Lyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨の時価総額は合計44,759 BTCで日本円に換算すると約322億円となります。(※VTCはハードフォークするので除外、HANAは時価総額が見当たらなかったので除外)MONA 11,173 BTCXVG 33,456 BTC Straks 59 BTC Galactrum 71 BTCZ1の1日の採掘量は6,500円程度です。(2018/10/20)2400台程度出荷されているらしいのでZ1全体の採掘量は下記のようになります。1日1560万円(21BTC)1ヶ月4億6千800万円(649BTC)ASICが発売されたことにより、Lyra2REv2を採用している仮想通貨はこれだけの売り圧力(BTCへの換金)を受けることになります。XVGの価値が極端に下がった場合やXVGの新型ASIC(XVGは複数のアルゴリズムを採用している)が発売された場合は、この売り圧力の多くをMONAが受けることになります。MONAの時価総額は11,173 BTCなので、仮に649BTC(1ヶ月分)の売り圧力を食らうと17.2%の下落になります。MONAガチホ勢もやばいかも性能が2倍のASICが発売されると下落率も2倍(34.4%)です。性能が同じでも追加出荷で流通台数が2倍になればやっぱり下落率も2倍(34.4%)です。まぁこれは最悪のパターンですけどね因みにモグラは既にMONA手放しています。DAYUN Zig Z1 +1買いなのか?結論からいうと買いだと思います。今、ASICを買うとしたらZ1一択でしょう。勿論、購入費用が幾らかにもよりますが・・しかし、Z1はメーカーが「新しいZ1 masterを出す」または「他社がLyra2REv2アルゴリズムのASICを発売する情報を仕入れた」など理由で急いで処分した様にも見えます。(Z1のリリース情報から、発売までの期間があまりにも短かったため)仮にZ1 masterが発売された場合、Z1の収益は悪化し現在の半分以下になるでしょう。一番最初にZ1を買ったマイナーは完全勝利だと思いますが・・(羨ましい)今は年末爆上げ期待を込めて、仮想通貨を仕込んだ方が良いかもしれない・・マイニングは難しい・・常に選択の連続利益が急激に悪化この記事を書いた2日後にZ1の利益が急激に悪化しました。なんと半分以下に・・・原因はHdacと言う聞いた事もない仮想通貨のアルゴ変更です。これがあるからASICは怖いZ1は日本人保有率がやけに高いです。結果的には日本人はめ込みASICだったのかもしれません・・

AntminerのASICが故障したらどうすればいいの?修理依頼のやり方を完全解説

モグラ大ダメージどうも電脳モグラです。先々週、届いたAntminer Z9が早速壊れました。ハッシュボードの2番目が認識しないといった症状です。Rebootしても症状は回復しませんでした。目次Antminerの故障箇所特定方法故障箇所を特定する最も簡単な方法AntminerのASICを分解するAntminerのASICの修理交換フローAntminerの故障ASICをどこに送るか?Antminerへ故障したASICパーツ発送する方法Antminerの故障箇所特定方法Antminerに問い合わせたところ故障箇所を特定するために、支持された手順を行なっていきます。問い合わせはhttps://www.bitmain.comにログインしてチャットで行いました。シリアルナンバー(SN No.)を聞かれる場合があるので、事前にメモしておきましょう。シリアルナンバーの記載場所はASICの上部です。問い合わせしてみるとわかるけど、Antminerのカスタマーサービスは本当に優秀手順は下記の通りASICのリセットファームウェアのリロード電源ユニットの交換ASICを分解して故障箇所の特定AntminerのASICリセット方法リセット方法は下記を参考に行いました。https://enforum.bitmain.com/bbs/topics/3957Antminerのファームウェアリロード方法ファームウェアのリロードは下記の動画を参考に行いました。ファームウェアは下記のURLからダウンロード可能です。https://service.bitmain.com/support/download自身のASICにあったファームウェアをダウンロードして下さい。電源ユニットの交換電源ユニットの故障の可能性もあるので、正常に稼働している接続端子を認識しないハッシュボードに接続して稼働するかテストします。モグラの場合は故障したハッシュボードがやはり認識しなかったです。故障箇所を特定する最も簡単な方法ASICのリセット、ファームウェアのリロード、電源ユニットの交換を全て試してもダメな場合、ASICを分解し、故障箇所を更に特定するようにAntminerのサポートから指示されます。故障箇所を特定する最も簡単な方法は、壊れたハッシュボードが接続されていた箇所に正常なハッシュボードを接続し起動テストする方法です。試したところ、正常に動作したので接続ケーブル、電源ケーブル、制御ユニットの故障ではないと判断する事が出来ました。AntminerのASICを分解するさて、それではASICを分解していくこれはAntminerのサポートに指示されてから行なった方が良いです。勝手にやると、保証が切れるかも封印シールが貼ってある取り敢えず、壊れたハッシュボードを抜き取って、正常なハッシュボードを取り付ける接続して、電源を差し込む接続ケーブルを抜き差しするときは、必ず電源が切れているときに作業しよう!これでハッシュボードが正常に動作すればケーブル類のトラブルでは無いと切り分けできる。壊れたハッシュボード壊れたハッシュボードを見てみよう特に焦げた後は見当たらない特に焦げた後は見当たらないAntminerのASICの修理交換フロー取り敢えずAntminerのリペアフローは下記の通り、問題はかなり時間がかかるところだ。https://service.bitmain.com/support/guideAntminerの故障ASICをどこに送るか?さて、最後は発送です。ここからが一気に面倒になってきます。発送手順は下記のURLから確認できます。https://support.bitmain.com/hc/en-us/articles/226760527-How-to-create-a-repair-ticket更に今は10月、中国は国慶節で大混雑です。「そう言えば・・日本の会社でAntminerのリペアライセンスを取得したって、プレスをPR timesで見た事があるぞ・・」圧倒的記憶力を持っているモグラそのことをAntminerのサポートに伝えたところ「私はその会社のことを知らないが、確認するからちょっと待ってー」3分後・・・「確認取れたからOKだよ」とのことだった。こういうイレギュラーな対応にも、速攻で対応するAntminerのサポートはマジで凄い因みにその日本の会社はGincoって会社早速、問い合わせてみた。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000031033.html結果は後ほど報告するぞGincoさんから連絡があったなんとハッシュボードのリペアはサポートの範囲外とのことだった。残念AntminerのASICはマシンが届いてから180日メーカー保証があることを教えて貰ったので早速、Bitmainへ送付する手続きをしたよAntminerへ故障したASICパーツ発送する方法取り合えず、Antminerのチャットで症状を一通り伝えると、壊れたパーツを送ってくれと言われる。手順は下記の通りCreate Repair TicketをクリックするApply for Repairタブで必要事項を入力するTracking No.には適当な数字を入力し、発送後に正確なTracking No.を入力することRemarkには故障内容を入力する 例 hashboard unable to detect Item InformationAdd Deviceにて必要なパーツ情報を入力する発送する荷物のトラッキングナンバーを編集するリペアチケットの作成https://shop-repair.bitmain.com/user/afterSale/repairHeaderListCreate Repair Ticketボタンををクリックしチケット作成する必要事項を入力する(仮)リペアチケット作成時のトラッキングナンバーは適当数字入力し、荷物発送後に再度入力してほしいとのことだった。(変な仕様)Remarkには故障内容を入力しようハッシュボードが認識しなかったのでモグラはこう書いた。hashboard unable to detect Item Information発送先住所発送先住所情報はRepair Siteを選択したら自動で出るよパーツ情報の入力修理を依頼するパーツ情報を入力しよう今回はハッシュボード一枚の修理なので、Quantityには1と入力以上でリペアチケットの作成は完了だ。このチケットの作成はサポートから指示されてから行おう。勝手に発行してもダメだよパーツを梱包故障パーツ到着時に部品の欠損があると、保証期間内でも対象外になってしまうらしいので、念入りに梱包しよう。Packingはこの動画を参考にしてほしいとサポートから言われた。 で、取り敢えず買ってきた。(全部で700円ぐらい)  プチプチを大量に使って梱包し発泡スチロールで蓋をした。これでもか!と言うぐらいにガムテープを使った。保証期間内だから無料修理のはずBitmainへ修理依頼したチップボードがようやく届いたぞ(Antminer修理完結編)

Antminer DR3到着!設定とレビュー(Decredマイニング)

ASICが届くも、電源がいつも後日あると思います。どうも電脳モグラです。Antminer DR3が到着したので早速設定しました。目次Antminer DR3のレビューDecredウォレットアドレスの取得Antminer DR3の設定(BTC.comの使い方)Antminer DR3のオーバークロック設定Antminer DR3の収益Antminer DR3のレビューすごいでかい箱で届きました。ファンが前後に二個ついています。高さは20cm幅は30cmです。Antminer DR3の騒音はかなりあります。マンションでは無理なレベルだと思います。Decredウォレットアドレスの取得設定にはDecredウォレットアドレスが必要です。モグラはbittrex.comで作りました。https://bittrex.comDecredの新規ウォレットを作成するには、パスポートと自撮りの顔面を送る必要があります。承認まで10分程度です。(超早い)Antminer DR3の設定(BTC.comの使い方)今回使うマイニングプールはAntpoolではなくBTC.comです。設定方法は下記の動画を参考にして下さい。最近モグラは雰囲気で設定できるようになってきました。https://cn-dcr.pool.btc.comDecredのウォレットアドレスを設定すればBTC.com側の設定は完了です。 あとはZ9 mini設定手順と同じです。IP ReporterでIPを取得しブラウザに入力ユーザー名root  パスワードrootでログインBTC.comで作成したサブアカウントネーム.ワーカー名例えばこんな感じで設定するmogura1.DR3_1ワーカー名は自動で認識します。BTC.comの払い出しは、毎日自動で行われるので設定する項目はありません。因みにBtc.comの運営元はBitmainです。Antminer DR3のオーバークロック設定Antminer DR3のオーバークロックは425に設定してるよ注意点としては電源容量が足らなくなるので追加しなければいけないモグラはサーバー電源を追加して運用している(フォロワーさんに教えてもらった。)8.4GH/s出てるAntminer DR3の収益収益はいかほど?Whattomineで計算してみた。電気代を差し引くと利益は1日あたり600円うーん、厳しいです。更に更に、モグラのレッドクリフのリグ一台当たりの利益は現在362円(1080Tiが8枚で1リグ)なのです。こちらもかなり厳しい!一番の勝ち組はZ1を買った人達でしょう羨ましい!因みにモグラはSiacoinとDecredが同じアルゴリズムだと勘違いしていたぞまぁ、せっかちだからしょうがない

爆安ASIC!?Antminer DR3を購入

やめられない、止まらないどうも電脳モグラです。またまたASICを購入してしまいました。Hash Power Holicと言うか、完全におかしくなって来ているのです。原因は恐らく、レッドクリフが赤字のせいだと思います。後は・・ハッシュパワーの魅力年末への期待Antminer DR3の価格とスペックhttps://shop.bitmain.com/product/detail?pid=000201809211239039316aJFu5gm069BAntminer DR3のスペックAntminer DR3はBlake256R14アルゴリズムに対応し、1400wの消費電力で7 Th/sのハッシュパワーを持ちます。現在の予想収益は1日あたりの利益は1500円ぐらいです。約2ヶ月程度で初期費用を回収出来る見込みです。Antminer DR3の価格Antminer DR3の価格はなんと、たった673 USDです。安い、安すぎる?これは購入してから気づいたのですが、Baikal Nシリーズの様な嵌め込みの予感がします。危険な香り・・でも、でも、でも、そんなの関係ねぇそんなの関係ねぇもう、買ってるしAntminer DR3の利益から考える回収期間Antminer DR3の1日あたりの利益は1500円ぐらいです。恐らく半分程度になると予測しています。Antminer DR3を2台購入し時のモグラの総支払額は下記の通りです。品目金額Antminer DR3 @2台151,512円APW3++ for DR3 @2台21,387円Shippingコスト19,841 円90 USDクーポン @2枚-20,261円合計172,479円消費税13,798円総支払額186,277円Antminer DR3の総支払額@1台93,138円結果、そんなに安くなかった!回収期間予測利益は現在のところ一日1,500円ですが、半分程度になると予測しています。利益@1日利益@1ヶ月初期費用全回収まで1,500円45,000円62日800円24,000円117日回収期間はZ9 miniの時とほぼ同じです。まぁAntminerはそれらを加味して価格設定をしているので当然と言えば当然ですが・・・が・・予測通りにならないんだよなぁーこれがAntminer DR3の購入時の注意点Antminer DR3の消費電力は1400wです。オーバークロック設定が可能だとすれば、更に消費電力が上がりまるので日本の場合は200Vの電源がないと無理です。(電源を2個使って別々の子ブレーカーから取れば出来るけど)

Antminer Z9レビューとZ9 miniとの比較検証

遅い、遅い、遅いどうも電脳モグラです。待ちに待ったZ9がようやく到着しました。しかし!到着したのはZ9本体のみで、電源まだ届いていません。途中、関税でも止められていたのでかなりの機会損失怒り心頭なのであります。目次Antminer Z9 開封の儀Antminer Z9の設定方法Antminer Z9の設置Antminer Z9とZ9 miniの比較Antminer Z9 開封の儀開けゴマなのであります。いつも通りなのです。袋から出す。凛々しい姿横から上から6pinケーブルの数はZ9 miniと同じで全部で7口後ろからAntminer Z9の設定方法Antminer Z9の設定方法はZ9 miniと同じだから、前に書いたこの記事を見ながらやって下さい。Z9のオーバークロックZ9のオーバークロックは550までしか出来ない様になっていた。設定選択項目は数字ではなく「turbo」と言う選択項目で、HTMLを編集しても出来ない。turbo設定にするとチップ温度が70度を超えてきたので、これが限界なのかもしれない。ハッシュレートのアベレージは48KSol/Sぐらいだった。Antminer Z9の設置実際の設置はこんな感じ発注した電源がまだ届かないので、余っていたサーバー電源を使って稼働中なんかぐちゃぐちゃして嫌な感じ電源は750wの物を3台使っている。理由はZ9はオーバークロックすると消費電力が1200w近くになるので、余裕を持った電源構成にしているAntminer Z9とZ9 miniの比較さて、気になるのはこの問題である。Z9を1台購入する場合とZ9 miniを4台購入する場合どちらがコスパが良いのか?結論!Z9 miniを4台購入するパターンなのであるモグラ下手こいた〜普通に切れそうZ9 miniを4台購入するパターンのメリット取り敢えずデータをまとめてみました。(消費電力はオーバクロック時を想定)初期費用ハッシュレート 消費電力Z93091ドル48KSol/S1200wZ9 mini@4台3172ドル54KSol/S(13.5KSol/S@1台)1600w(400w@1台)Z9 miniを4台購入するパターンでは下記のメリットがあります。クーポンが使えるので初期費用が安くなるトータルハッシュレートパワーが多い故障、初期不良時のリスクを分散できる価格が安いので、中古市場で捌きやすいモグラ、普通に切れそうなのであります。(2回目)一点だけ注意が必要です。現在、出荷されているZ9 miniはオーバークロック出来ない様なファームになっています。オーバークロックするにはZABROVさんが書いてくれた下記の記事を参考にして下さい。Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その2 (2018年9月)集合知の素晴らしさ炸裂なのです。

Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その2 (2018年9月)

いやー ほんとに利益出ないですね。最初に購入した頃は天使のように思えたZ9 miniですが、思った収益が出ないですよねーまぁ、ある程度想定内ですが。しかしこの機種にはオーバークロックという手があるー!あきらめないで少しでも稼ぎましょー。1stバッチのオーバークロック方法は超簡単でしたね。まだ「その1」を読んでないひとは、先にこっちの記事を見てね↓Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その1 (2018年9月)2ndバッチのオーバークロック2ndバッチというのは、価格が850ドルになってからのもので、主に8月中旬以降から届きだしたのんです。明確に定義されているわけではないけど、だいたいそんな感じで認識されています。うちの2ndバッチのファイルシステムバージョンは8/12付けになっています。1stバッチでは、コンフィグのアドバンスセッティング画面でオーバークロックできましたが、2ndバッチでは出来なくなっています。これはハードウェアの仕様が違うからだと思われます(その1参照)。でも出来ない訳ではなくって、2つのやり方があるようです。一つ目は比較的簡単な方法。以下、ブラウザはGoogle Chromeを使っています(持ってない人は入手しましょう)。Miner ConfigurationのタブからAdvanced Settingsを選び、Frequencyの右の四角い窓(Balanceと記載があります)を右クリックします。そして一番下の「検証」をクリックすると検証モードが右側に表示されます。右側にWebページの要素が表示されますので、ハイライトされている行あたりの左端の▲をクリックして展開します。すると、<option value="500"> Balance </option>という行が出てきます。ここの500というのがデフォルトのfrequency設定になります。で、500の数字をダブルクリックして650(オーバークロックしたい数値)などに変更します。(650を超える数値の入力は、エラーが起こるので控えましょう)そしてSave & Applyを押して保存すると出来上がり。すると、Z9 miniが轟音をたててリスタートしますので、しばらくしてからMiner StatusのタブをクリックしてFrequencyを確認しましょう。この数値が設定した数値になっていれば成功。ただ、2ndバッチの個体でも、この手が通用するものとしないのがあるようです。もし500のままだったら、次の手を講じます。コンフィグファイルを書き換えるんです。ただ、このやり方には問題が・・・・・オーバークロックに成功した個体からコンフィグファイルをバックアップして保存しておく必要があります。そして、そのファイルをアップロードします。SystemタブのUpgradeを選択すると、バックアップやアップロードできる画面になります。まずオーバークロック済の個体でGenerate archiveを押してファイルをローカルPCにバックアップします。次にオーバークロックしたい個体で同じ画面を開き、Restore Backup のファイルを選択をクリックして先ほど保存したファイルを選択、Upload archiveを押します。その後、先ほどと同じように、advanced settingsのfrequency窓を右クリックして「検証」、値を650などに変更してSave & Applyすると出来上がり。で、何が問題か・・・・はい、コンフィグファイル入手できなかったらどうすんねんと。。。。その場合は誰かにもらってください。ちなみに私は1stバッチの個体からバックアップファイルを作成しました。誰からももらえなかったら、次の手段(3rdバッチ用手段)を検討しましょう。3rdバッチは、ほぼ無理っす3rdバッチとはなんじゃらほい? 一部の人たちが勝ってにそう呼んでいるだけかもしれないが、なんとなく「オーバークロック対策した個体」のことを言っているようです。このような個体のファイルシステムバージョンは8月下旬以降の日付になっています。私のは、たしか8/30だったような気がします。この個体では、右クリックもコンフィグファイル上書きも通用せず、どこをどういじっても500のまま、変更できませんでした。方法はひとつ(私の知る限りですが.....狭いって?)。ファームウェアを書き換えます。そうオーバークロック可能なファームウェアを入手しないとダメなんです。ちなみに、BITMAIN公式HPにあるのはガチガチに対策済の最新ファームウェアです。いま公式HPに掲載されているのを確認しましたところ、8/31付けファームウェアのみでした。5/26付けのファームウェア消すなよー、ケチ。じゃーどこで入手するんじゃい! となりますが、誰か持っている人で親切な人を探すしかありません。世界に目を向けましょう!そう。このひと↓にメールすればくれるんですって。1stバッチのファームウェア。実は、私もこのひとに貰いました! えへへ (ファイル容量12メガです)さて、ファームウェアさえ入手できればこっちのもの。あとは、Systemタブ→Upgrade→Image横のファイルを選択から、入手したファイルを指定してFlash imageをポチると出来上がり。これであなたの3rdバッチ君も1stバッチと同じように、frequencyをプルダウンで選ぶ事ができます。ただし、ハードウェアの仕様は1stバッチにかないませんので、間違っても750Mなどに設定しないでください。最高でも650Mまでにしておくように!ハードの違いはその1を見てくださいね。いじょ。

Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その1 (2018年9月)

どんぶらこ、どんぶらこどんぶり勘定じゃないとやってられない今日この頃。さて、先日私の家に5台目のZ9 miniがやってきました。少しずつ買い足していったので、いわゆる1stロットもあるし2ndロットも、3rdロットも揃っています。さぁさぁいらはい、いらはい。ちなみに、もう1台オーストラリアのBest Miner Shopというサイトでも注文しましたがこちら詐欺サイトだったようで、結局商品は届きませんでした。皆さん、購入する際は事前によく調べましょうね。これ↓うちのZ9 miniです。左下から入手順に、零号機、初号機、壱号機、弐号機、参号機、4号機と並んでいます。非常にうるさいです。電源はATX電源 x 2台(下記)、サーバー用電源  x 1台を使用中 ATX電源1:Corsair RM1000x 80PLUS GOLDATX電源2:Corsair HX1000i 80PLUS PLATINUMどちらも1000Wで、Z9 mini2台までつなげられます。尚、ATX電源は単独ではスイッチでオン/オフできないので、ATX電源検証ボード (KM-02B)を電源に繋げました。さてさて肝心のオーバークロックですが、巷では情報が錯綜しており出来るだの出来ないだのやっぱり無理だのドンクのパンは意外とおいしいだの噂が飛び交っておりまふ。どうもZ9 miniには幾つかの仕様が存在するらしく、これが話をややこしくしているようです。*えと、これより以下は「ロット」ではなく「バッチ」と表現します。 ロットとバッチは同じ意味だと思っていただいて結構ですヨ。 製造業などでは明確にこの2つの言葉を使い分けていますが、 あまり気にせず、世間様の表現に合わせて今回は「バッチ」で統一します。1stバッチは他と明確に区別できる1stバッチとは、5月頃まで約2,000ドルで販売されていたZ9 miniの事です。その後、6月になると半額以下の850ドルまで値下げされました。これがいわゆる2ndバッチといわれるやつです。1stバッチはコンフィグ画面で誰でも750Mまで設定変更が可能でした。デフォルトが500Mなので、+50%もオーバークロックできるという訳です。ところが、2ndバッチは設定を変更できなくなっていました。ファームウェアが書き換えられている為です。。。むむむ。。。BITMAINはなぜ書き換えたのだろうか? ①BITMAINが意地悪している?、②ハードウェア仕様が変わったから?、う~ん、はい。どちらも正解!!こちらの写真見てみてください、左の基盤が1stバッチで右が2ndバッチす。左の基盤にはチップが6個、右には4個。この違いが、オーバークロック耐性とASIC価格に影響してるようです。*画像はCrypto Miner UKさんのブログより画像を引用しました。2ndバッチ以降の個体は「無理くりオーバークロックしても650Mが限界」と言われています。これってハードウェアの仕様によるものだったんですね。では以上をふまえ、オーバークロックのやりかたを説明しまふ(知ってる範囲で・・)オーバークロック その1まず、1stバッチの説明です。1stバッチの見分け方:5/26付けのファームウェアが載っています。このバッチをお持ちの方、オーバークロックは超簡単。Miner ConfigurationタブからAdvanced Settingsをクリック、Frequencyをプルダウンして選択します。そして右下のSave & Applyを押して完了!1stバッチは700Mでも問題なく動いちゃいます。(ちょっとうるさいのと、温度に注意が必要です)次に2ndバッチですが・・・記事が長くなってきたのと疲れてきたのでここらで一旦終了~その2へ続く。

モナコイン (MONA)に対応したDAYUN Zig Z1というASICが出るらしい(Lyra2REv2アルゴリズム)

DAYUN Zig Z1と呼ばれるLyra2REv2アルゴリズムを攻略した初めてのASICが発売される見込みです。目次DAYUN Zig Z1のスペックLyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨DAYUN Zig Z1の収益見通しスキャムの可能性もありDAYUN Zig Z1の利益https://www.jutuilian.com/article-61973-1.htmlDAYUN Zig Z1のスペックDAYUN Zig Z1のスペックは消費電力約1200wで6.8GH/sをのパワーを持つモンスターマシンです。6.8GH/sと言うハッシュパワーを1080Tiで換算すると97枚分という事になります。このLyra2REv2アルゴリズムに対応した28nmベースのASICは、既に約8000-9000ドルの価格帯で販売されているようです。Lyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨Lyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨は下記の通りです。Monacoin(MONA)Vertcoin(VTC)Verge(XVG)Hanacoin(HANA)Straks(STAK)Galactrum(ORE)DAYUN Zig Z1の収益見通し電気代25円で計算した収益の見通しです。MONA採掘量ドル換算収益1時間2枚$2.101日52枚$50.401週間368枚$352.831ヶ月1578枚$1,512.121年19203枚$18,397.45確実に言えるのはLyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨のマイニング収益は更に悪化するでしょう。特にGPUマイナーはかなり厳しいかもしれません。しかし、モナコイン (MONA)に関して言えばアルゴリズムを変更しそうな予感がします。その場合はASIC購入者の負けになります。スキャムの可能性もあり不思議なことに、Lyra2REv2アルゴリズムの総ハッシュレートは目に見える変化がありません。これはDAYUN Zig Z1が製造中またはスキャム(詐欺)の可能性もあり得るということです。十分に注意して下さい。DAYUN Zig Z1の利益2018年9月26日追記どうやらDAYUN Zig Z1はスキャムではないらしい「メーカーは生産台数を絞っている」との情報もあったが、中国本土では制限なしで売られているらしい。気になる1日あたりの利益は8,000円程度