Bitmainへ修理依頼したチップボードがようやく届いたぞ(Antminer修理完結編)

お気に入り0

やっとこ届いた。チップボード

どうも電脳モグラです。


目次

Antminerの修理期間モグラのASICはどんな感じ?



本日、修理依頼していたASICの部品が届きました。(修理依頼編はこちら

発送はEMSを使用し、費用は2,700円かかりました。

返送費用はBitmain社持ちで、特に費用はかかりませんでした。



開封すると、こんな感じでチップボードが入っています。(結構雑な感じ)



チップボードを筐体に入れて、コードを差し込めば組み立て完了です。

果たして、ちゃんと直っているのか・・



ちゃんと直っていました。

これで無事修理完了です。

めでたし、めでたし



Antminerの修理期間

Antminerの修理期間は2週間程度かかる見込みです。

モグラの修理期間は下記の通りです。


  • 発送10月6日
  • 到着10月18日


この12日は結構大きなダメージです。

新型のASICが初期不良の場合は5万円ぐらいの損害になりそうですね



モグラのASICはどんな感じ?

モグラは調子に乗ってASICを買い過ぎてしまいました。


ASICの収益もかなり悪化してしまっています。

因みにASICの売り上げは月40万円ぐらい、利益は25万円ぐらいです。

ASICの購入費用の半分くらいはRVNで回収出来そうなので、なんとかなるぞって感じです。

年末の暴騰に期待!




ユーザー紹介

マイニング王に俺はなる!
ドン!
質問は記事のコメントでお願いします。
マイニングファームの立ち上げのお仕事も受付中
因みにマイニング以外も色々できるぞ!(プログラマー兼デザイナー)

このユーザーの記事一覧

6件のコメントがあります

ByZABROV| 2018/10/20

こんばんわ
中国往復で12日ですか。。。中国にしては、ちゃんとしているなという印象ですね。
しかし、その間の損失5万円とは痛すぎる。

それにしても、なかなか収益が出ませんよね~
Equihashを掘る場合、Zcash以外のコインにしてみたりしても同じなんでしょうかね。
まだ少し収益が得られるだけでもマシなのかなーとエロエロ考えてしまいます。
あ、色々でした。

By電脳モグラ| 2018/10/21

損失5万円は仮の話ですー
少し前はZclassicが良かったですね
モグラは面倒なので変えてないですけど

ByZABROV| 2018/10/31

こんばんわー
うちのZ9miniですが、最近調子が悪かったので
リブートしてみたら通常に動かなくなりました。
しかも5台共に同じ症状です。
モグラさんちのZ9は大丈夫ですかぁ??

By電脳モグラ| 2018/11/01

おー
ありがとう御座います!
コメント頂き確認したところ、モグラのZ9も半分ぐらい調子が悪かったです。
リブートすると確かにマイニングが止まって、その後リブートを繰り返しますが
30分程で正常な状態に戻りました(Z9とZ9 mini共に)

ByZABROV| 2018/11/02

なんだったんでしょうか??
昨日から突然普通に戻りました。
2日前まで赤いランプがつきまくっていたのに。
Antpoolのほうで何か問題があったんでしょうかねー。
しらんけど。

By電脳モグラ| 2018/11/02

Antpool側の問題っぽいですねー
真相は闇の中

コメントを書く

関連する記事

Antminer DR3到着!設定とレビュー(Decredマイニング)

ASICが届くも、電源がいつも後日あると思います。どうも電脳モグラです。Antminer DR3が到着したので早速設定しました。目次Antminer DR3のレビューDecredウォレットアドレスの取得Antminer DR3の設定(BTC.comの使い方)Antminer DR3のオーバークロック設定Antminer DR3の収益Antminer DR3のレビューすごいでかい箱で届きました。ファンが前後に二個ついています。高さは20cm幅は30cmです。Antminer DR3の騒音はかなりあります。マンションでは無理なレベルだと思います。Decredウォレットアドレスの取得設定にはDecredウォレットアドレスが必要です。モグラはbittrex.comで作りました。https://bittrex.comDecredの新規ウォレットを作成するには、パスポートと自撮りの顔面を送る必要があります。承認まで10分程度です。(超早い)Antminer DR3の設定(BTC.comの使い方)今回使うマイニングプールはAntpoolではなくBTC.comです。設定方法は下記の動画を参考にして下さい。最近モグラは雰囲気で設定できるようになってきました。https://cn-dcr.pool.btc.comDecredのウォレットアドレスを設定すればBTC.com側の設定は完了です。 あとはZ9 mini設定手順と同じです。IP ReporterでIPを取得しブラウザに入力ユーザー名root  パスワードrootでログインBTC.comで作成したサブアカウントネーム.ワーカー名例えばこんな感じで設定するmogura1.DR3_1ワーカー名は自動で認識します。BTC.comの払い出しは、毎日自動で行われるので設定する項目はありません。因みにBtc.comの運営元はBitmainです。Antminer DR3のオーバークロック設定Antminer DR3のオーバークロックは425に設定してるよ注意点としては電源容量が足らなくなるので追加しなければいけないモグラはサーバー電源を追加して運用している(フォロワーさんに教えてもらった。)8.4GH/s出てるAntminer DR3の収益収益はいかほど?Whattomineで計算してみた。電気代を差し引くと利益は1日あたり600円うーん、厳しいです。更に更に、モグラのレッドクリフのリグ一台当たりの利益は現在362円(1080Tiが8枚で1リグ)なのです。こちらもかなり厳しい!一番の勝ち組はZ1を買った人達でしょう羨ましい!因みにモグラはSiacoinとDecredが同じアルゴリズムだと勘違いしていたぞまぁ、せっかちだからしょうがない

爆安ASIC!?Antminer DR3を購入

やめられない、止まらないどうも電脳モグラです。またまたASICを購入してしまいました。Hash Power Holicと言うか、完全におかしくなって来ているのです。原因は恐らく、レッドクリフが赤字のせいだと思います。後は・・ハッシュパワーの魅力年末への期待Antminer DR3の価格とスペックhttps://shop.bitmain.com/product/detail?pid=000201809211239039316aJFu5gm069BAntminer DR3のスペックAntminer DR3はBlake256R14アルゴリズムに対応し、1400wの消費電力で7 Th/sのハッシュパワーを持ちます。現在の予想収益は1日あたりの利益は1500円ぐらいです。約2ヶ月程度で初期費用を回収出来る見込みです。Antminer DR3の価格Antminer DR3の価格はなんと、たった673 USDです。安い、安すぎる?これは購入してから気づいたのですが、Baikal Nシリーズの様な嵌め込みの予感がします。危険な香り・・でも、でも、でも、そんなの関係ねぇそんなの関係ねぇもう、買ってるしAntminer DR3の利益から考える回収期間Antminer DR3の1日あたりの利益は1500円ぐらいです。恐らく半分程度になると予測しています。Antminer DR3を2台購入し時のモグラの総支払額は下記の通りです。品目金額Antminer DR3 @2台151,512円APW3++ for DR3 @2台21,387円Shippingコスト19,841 円90 USDクーポン @2枚-20,261円合計172,479円消費税13,798円総支払額186,277円Antminer DR3の総支払額@1台93,138円結果、そんなに安くなかった!回収期間予測利益は現在のところ一日1,500円ですが、半分程度になると予測しています。利益@1日利益@1ヶ月初期費用全回収まで1,500円45,000円62日800円24,000円117日回収期間はZ9 miniの時とほぼ同じです。まぁAntminerはそれらを加味して価格設定をしているので当然と言えば当然ですが・・・が・・予測通りにならないんだよなぁーこれがAntminer DR3の購入時の注意点Antminer DR3の消費電力は1400wです。オーバークロック設定が可能だとすれば、更に消費電力が上がりまるので日本の場合は200Vの電源がないと無理です。(電源を2個使って別々の子ブレーカーから取れば出来るけど)

Antminer Z9レビューとZ9 miniとの比較検証

遅い、遅い、遅いどうも電脳モグラです。待ちに待ったZ9がようやく到着しました。しかし!到着したのはZ9本体のみで、電源まだ届いていません。途中、関税でも止められていたのでかなりの機会損失怒り心頭なのであります。目次Antminer Z9 開封の儀Antminer Z9の設定方法Antminer Z9の設置Antminer Z9とZ9 miniの比較Antminer Z9 開封の儀開けゴマなのであります。いつも通りなのです。袋から出す。凛々しい姿横から上から6pinケーブルの数はZ9 miniと同じで全部で7口後ろからAntminer Z9の設定方法Antminer Z9の設定方法はZ9 miniと同じだから、前に書いたこの記事を見ながらやって下さい。Z9のオーバークロックZ9のオーバークロックは550までしか出来ない様になっていた。設定選択項目は数字ではなく「turbo」と言う選択項目で、HTMLを編集しても出来ない。turbo設定にするとチップ温度が70度を超えてきたので、これが限界なのかもしれない。ハッシュレートのアベレージは48KSol/Sぐらいだった。Antminer Z9の設置実際の設置はこんな感じ発注した電源がまだ届かないので、余っていたサーバー電源を使って稼働中なんかぐちゃぐちゃして嫌な感じ電源は750wの物を3台使っている。理由はZ9はオーバークロックすると消費電力が1200w近くになるので、余裕を持った電源構成にしているAntminer Z9とZ9 miniの比較さて、気になるのはこの問題である。Z9を1台購入する場合とZ9 miniを4台購入する場合どちらがコスパが良いのか?結論!Z9 miniを4台購入するパターンなのであるモグラ下手こいた〜普通に切れそうZ9 miniを4台購入するパターンのメリット取り敢えずデータをまとめてみました。(消費電力はオーバクロック時を想定)初期費用ハッシュレート 消費電力Z93091ドル48KSol/S1200wZ9 mini@4台3172ドル54KSol/S(13.5KSol/S@1台)1600w(400w@1台)Z9 miniを4台購入するパターンでは下記のメリットがあります。クーポンが使えるので初期費用が安くなるトータルハッシュレートパワーが多い故障、初期不良時のリスクを分散できる価格が安いので、中古市場で捌きやすいモグラ、普通に切れそうなのであります。(2回目)一点だけ注意が必要です。現在、出荷されているZ9 miniはオーバークロック出来ない様なファームになっています。オーバークロックするにはZABROVさんが書いてくれた下記の記事を参考にして下さい。Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その2 (2018年9月)集合知の素晴らしさ炸裂なのです。

Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その2 (2018年9月)

いやー ほんとに利益出ないですね。最初に購入した頃は天使のように思えたZ9 miniですが、思った収益が出ないですよねーまぁ、ある程度想定内ですが。しかしこの機種にはオーバークロックという手があるー!あきらめないで少しでも稼ぎましょー。1stバッチのオーバークロック方法は超簡単でしたね。まだ「その1」を読んでないひとは、先にこっちの記事を見てね↓Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その1 (2018年9月)2ndバッチのオーバークロック2ndバッチというのは、価格が850ドルになってからのもので、主に8月中旬以降から届きだしたのんです。明確に定義されているわけではないけど、だいたいそんな感じで認識されています。うちの2ndバッチのファイルシステムバージョンは8/12付けになっています。1stバッチでは、コンフィグのアドバンスセッティング画面でオーバークロックできましたが、2ndバッチでは出来なくなっています。これはハードウェアの仕様が違うからだと思われます(その1参照)。でも出来ない訳ではなくって、2つのやり方があるようです。一つ目は比較的簡単な方法。以下、ブラウザはGoogle Chromeを使っています(持ってない人は入手しましょう)。Miner ConfigurationのタブからAdvanced Settingsを選び、Frequencyの右の四角い窓(Balanceと記載があります)を右クリックします。そして一番下の「検証」をクリックすると検証モードが右側に表示されます。右側にWebページの要素が表示されますので、ハイライトされている行あたりの左端の▲をクリックして展開します。すると、<option value="500"> Balance </option>という行が出てきます。ここの500というのがデフォルトのfrequency設定になります。で、500の数字をダブルクリックして650(オーバークロックしたい数値)などに変更します。(650を超える数値の入力は、エラーが起こるので控えましょう)そしてSave & Applyを押して保存すると出来上がり。すると、Z9 miniが轟音をたててリスタートしますので、しばらくしてからMiner StatusのタブをクリックしてFrequencyを確認しましょう。この数値が設定した数値になっていれば成功。ただ、2ndバッチの個体でも、この手が通用するものとしないのがあるようです。もし500のままだったら、次の手を講じます。コンフィグファイルを書き換えるんです。ただ、このやり方には問題が・・・・・オーバークロックに成功した個体からコンフィグファイルをバックアップして保存しておく必要があります。そして、そのファイルをアップロードします。SystemタブのUpgradeを選択すると、バックアップやアップロードできる画面になります。まずオーバークロック済の個体でGenerate archiveを押してファイルをローカルPCにバックアップします。次にオーバークロックしたい個体で同じ画面を開き、Restore Backup のファイルを選択をクリックして先ほど保存したファイルを選択、Upload archiveを押します。その後、先ほどと同じように、advanced settingsのfrequency窓を右クリックして「検証」、値を650などに変更してSave & Applyすると出来上がり。で、何が問題か・・・・はい、コンフィグファイル入手できなかったらどうすんねんと。。。。その場合は誰かにもらってください。ちなみに私は1stバッチの個体からバックアップファイルを作成しました。誰からももらえなかったら、次の手段(3rdバッチ用手段)を検討しましょう。3rdバッチは、ほぼ無理っす3rdバッチとはなんじゃらほい? 一部の人たちが勝ってにそう呼んでいるだけかもしれないが、なんとなく「オーバークロック対策した個体」のことを言っているようです。このような個体のファイルシステムバージョンは8月下旬以降の日付になっています。私のは、たしか8/30だったような気がします。この個体では、右クリックもコンフィグファイル上書きも通用せず、どこをどういじっても500のまま、変更できませんでした。方法はひとつ(私の知る限りですが.....狭いって?)。ファームウェアを書き換えます。そうオーバークロック可能なファームウェアを入手しないとダメなんです。ちなみに、BITMAIN公式HPにあるのはガチガチに対策済の最新ファームウェアです。いま公式HPに掲載されているのを確認しましたところ、8/31付けファームウェアのみでした。5/26付けのファームウェア消すなよー、ケチ。じゃーどこで入手するんじゃい! となりますが、誰か持っている人で親切な人を探すしかありません。世界に目を向けましょう!そう。このひと↓にメールすればくれるんですって。1stバッチのファームウェア。実は、私もこのひとに貰いました! えへへ (ファイル容量12メガです)さて、ファームウェアさえ入手できればこっちのもの。あとは、Systemタブ→Upgrade→Image横のファイルを選択から、入手したファイルを指定してFlash imageをポチると出来上がり。これであなたの3rdバッチ君も1stバッチと同じように、frequencyをプルダウンで選ぶ事ができます。ただし、ハードウェアの仕様は1stバッチにかないませんので、間違っても750Mなどに設定しないでください。最高でも650Mまでにしておくように!ハードの違いはその1を見てくださいね。いじょ。

買いなのか!?Antminer S9-Hydroを開示データから考察する

Antminerが初の水冷式ASICを発表約10日ほど前にビットコイン用の新しいASICが、Bitmainの中国語のウェブサイトに登場しました。そして英語のウェブサイトにも掲載され、この新しいASICの第一ロッドは9月1日から10に出荷、発送されます。発表された価格は745ドルで、ラジエーターと付属品付きでプラス 129ドル、PSUはプラス92ドル、1台あたり合計966ドル(出荷費用や付加価値税は含まない)となります。 出荷や税金を考慮すると、EU圏に住んでいる場合、Antminer S9-Hydroの費用は約1200ユーロになります。 いくつかの仮想通貨関連のウェブサイトでは、この新しいASICを「新たな興味深い追加」または「ゲームチェンジャー」とも呼んでいますが、私には疑問があります。このマイナーにどんな利益を期待できるのでしょうか?Antminer S9-Hydroのスペック 基本スペックハッシュレート18TH/sアルゴリズムSHA256電力使用量1728w電力効率96J / THs騒音レベル25°C で45dBA(最大:58dBA、最小:26dBA)その名の通りS9-Hydroは、基本的にはハッシュボードが追加されたAntminer S9(13.5 TH)で、ハッシュレートをより高めるため消費電力が比例的大きいです。Antminer S9-Hydroはいかなる新技術も搭載していないようです。 冷却システムは、常に新鮮な水を必要とします。交換におけるS9-Hydroのノイズは、近頃のどのBitmainのASICと比べてもかなり小さいです。 Antminer S9-Hydroの収益性収益性については、1日に0.0007BTCまでこのマイナーで得ることができます。これは年に0.25 BTC(現在の難易度で6,727,225.469722.0)という計算になります。電気代が0円で、difficulty(発掘難易度)に変化が無い場合はまともなASICに見えます。もし20円/ KWh(日本の平均の電気代より低い)を支払う場合は1年間で10万円の赤字です。(現在のビットコイン価格80万円で試算)ビットコイン価格別収益予測表ビットコイン価格電気代(KWh)年間電気代利益80万円11円/ KWh約166,702円33,298円80万円15円/ KWh約227,322円-27,322円80万円20円/ KWh約303,096円-10,3096円80万円25円/ KWh約378,870円-178,870円100万円11円/ KWh約166,702円83,298円100万円15円/ KWh約227,322円22,678円100万円20円/ KWh約303,096円-53,096円100万円25円/ KWh約378,870円-128,870円ビットコイン価格が120万円であれば電気代が25円/ KWhでも利益が出そうです。現在マイニング効率が絶えず低下しているため、Antminer S9-Hydro購入費用を回収する可能性はより低くなるでしょう。Antminer S9-Hydroのメリットとデメリットメリット アントマイナーS9に比べてノイズが少ない 2週間以内に出荷開始 短所 初期価格が高い 仮に電気代が無料でも、マイナーが完済できない可能性が高い デメリット初期価格が高い仮に電気代が無料でも、マイナーが完済できない可能性が高い Antminer S9-Hydroは買いなのか?結論 このASICをおすすめしますか?私はおすすめしません。Antminer S9を使えば良いだけで、Antminer S9-Hydroは我々には本当に価値がありません。 ビットメインが新技術(10nmでも7nmでも)に基づく新しいSha-256マイナーを発売予定なので、その前に16nmチップの在庫を空にしようとしているのだと、個人的には思います。CanaanとGMOインターネットはすでに7nmベースのASICを提供しており、Bitmainもそろそろ発表してくる頃合いかと思います。動画もあるよ

中国の仮想通貨マイニング企業3社がユニコーンに選出

ユニコーン企業とは? ユニコーン企業とは株式市場に上場してないにも関わらず、その企業価値が10億$(約1000億円)以上と推定されている企業のことを指します。 今回は中国のマイニングユニコーン企業についての最新情報です。 中国マイニング企業3社がユニコーンに仮想通貨ビットコイン(BTC)の価値には大幅な変化が見られますが、ビットコインのマイニング事業はどんどん成長している分野です。上海に拠点を置くメディア胡润百富(Hurun Report)が第2期ユニコーン企業リストを発表しました。 ビットメイン(Bitmain)はこのリストの中の全130社中13位で、その企業価値は700億元(約11兆円)でした。このビットメインの価値は最近行われたシリーズBの投資で約10億円の資金を得たことと、ビットメインが近々株式上場(IPO)するとのニュースが流れたことが原因だろうと考えられています。 ブロックチェーンのサーバー運用とASICのマイクロプロセッサ―製造を行うカナンクリエイティブ(Canaan Creative)は胡润リストでは32位で約3000億円の企業価値だと見積もられています。2017年の中頃にはロイター通信が約500億円だと見積っていたので急成長を遂げていることがわかります。 エバン(Ebang)はそれに続くマイニング専業のユニコーン企業で、ランクは53位、約1500億円の企業価値だとされています。 カナンクリエイティブ(Canaan Creative)とエバン(Ebang)に関しては、香港の株式市場に申請書を出したようですが、今のところ上場によってどの程度企業価値が上がるかは明らかになっていません。マイニング企業のほとんどが中国企業なのでシンジケートを組めば難易度をコントロールできそうですね・・

私もAntminer Z9 miniレビューしまふ

こんにちわ。いつも電脳モグラさんに教えてもらってばかりなので、今日はZ9 miniのレビュー記事を書きます。Antminer Z9 miniがやってくるまで以前はGPUでリグを組んでマイニングしていました。↓こんな感じ。GPUは合計4枚・Palit GeForce GTX 1070TI Super Jetstream x 2枚・GIGABYTE GeForce GTX 1080 G1 Gaming 8G x 2枚アルゴリズムはEquihashで、Zcashを掘っていました。今年4月ごろの実績で、月間0.02BTC程度掘れていました(BTC換算しています)。当時のレートで18,000円/月ぐらいです。で、消費電力はリグ全体で約750Wぐらい。ちなみに、この小さなリグを組むのに30万円程度かかっています。そう。このリグを使って機嫌よくマイニングしていたのです。そして少しずつGPUを増やしていく予定でした。そこに登場したのが、Antminer Z9 miniです。本体価格2000ドルで、月間60,000円の収入。しかも消費電力300Wて。。。天使ですよね。そんな訳で、すぐにGPUを売っぱらって、BITMAIN社のHPでこのASICを発注した次第です。なお、発注のしかたについては、電脳モグラさんの記事↓をご参考あれ。電脳モグラ遂に爆益マイニング専用機ASIC(Antminer Z9 mini)を購入!!Antminer Z9 miniがやってきました6/30、とうとう我が家にAntminer Z9 miniがやってきました。開梱の様子や接続方法については・・・、やはり電脳モグラさんのレビュー↓を見るべし。ASICマイニング!Antminer Z9 mini購入レビューちなみに、うちのZ9 miniの電源には、以前GPUリグに使っていたCorsair RM1000x 80PLUS GOLD(ATX電源)を流用しました。6pinコードが8個つなげられるので、Z9 mini2台までつなげられます。音も静かですし。尚、ATX電源は単独ではスイッチでオン/オフできないので、ATX電源検証ボード (KM-02B)という部品を買って電源に繋げました。1,000円ぐらいで購入できます。 ↑こんなのほんとは750Wのサーバー用電源を買って用意してたんだけど、音がうるさいので使いませんでした。これです↓。PARALLEL MINERというサイトで購入。BITMAINで買うより安いです。この電源もZ9 miniを2台までつなげられます。BITMAIN ANTMINER Z9 MINI POWER SUPPLY 750 WATT 110-240V ASIC MINER PSU 80+ GOLD 92% EFFICIENCYそんなこんなで、これがうちのZ9 miniちゃんです(左側)。可哀そうだけど、うるさいので廊下に置いてます。。。じゃじゃーん。成績やいかに?なんと、意外にもこの15日間で 2.12 ZEC も掘れています。↑AntPoolのダッシュボードをキャプチャしました。現在のZECのレートが、19,500円ほどなので、半月で40,000円ぐらいですかね。かなり優秀ですよね。あ、ちなみに675Mにオーバークロックしてます。消費電力は375W程になります。(750W電源だとオーバークロック2台無理ですね)オーバークロックの方法については、やはり電脳モグラさんの記事↓をご参考ください。Bitmain(ビットメイン)製ASIC(Antminer Z9 mini)のマイニング設定方法を解説私の当初の予定では、ZECのディフィカルティ(採掘難易度)が高騰して収益が激下がりになると思っていたのですが、今のところ、そうではないようです。6月下旬からだと、約1.5倍近く上がっていますが、想定より全然低かったです。今後はどのように推移するか分かりませんが、私は個人的にかなり期待していまして・・・既に2台Z9 miniを追加発注してしまいました。今は本体価格が安くなって買いやすくなっています。・・・という事で、皆様、ご参考になりましたでしょうか。仮想通貨は先行きが読みにくく、ギャンブル的要素が強いので、無理してお金をつぎ込まないように気を付けましょう。ではではー

中国の巨大マイニング企業Bitmainが新たな資金調達で1兆3000億円の評価額

Bitmain(ビットメイン)の企業評価額が1兆3000億円になる中国の仮想通貨マイニングの機器を製造するBitmainがシリーズBに資金調達を行い、企業評価額が1兆3000億円となりました。 このニュースは地方ニュース局Caixinが金曜日に伝えました。 BitmainはSequoia Capitalの子会社であるSequoia China、米国のヘッジファンドのCoatue、シンガポールの政​​府投資ファンドEDBIから300億円〜400億円の資金調達を行ったと伝えられています。 今回の資金調達は、Sequoia ChinaとIDG Capitalが率いるシリーズAの資金調達ラウンドで調達した昨年9月の50億円よりもかなり大規模なものです。https://www.bitmain.com Bitmain(ビットメイン)IPO目前の資金調達 先月、BitmainのCEO、Jihan Wu氏はブルームバーグ(アメリカのメディア)に対し、香港でIPOを行う計画を「公開」していると述べました。 Caixinの最近の出版によれば、同社は別の IPO前の資金調達ラウンドをすでに検討中とのことです。しかしながら、その具体的な詳細は明らかにされていないままです。 BitmainにとってIPO計画を進めることは、香港証券取引所に株式を上場申請しているライバルのマイニング企業Ebang CommunicationとCanaan Creativeの仲間入りを果たすことになります。 2013年に設立されたBitmaiはマイニングハードウェアとASICチップを開発する非上場企業です。 アナリストによると、同社は昨年、約4000億円の営業利益を達成したとのことです。 また、Bitmainが2018年2月でマイニング機器市場の70-80%を占めていることが明らかとされています。 さらに、BitmainはAntPoolとBTC.comを所有しており、これらのシェアを合計すると主要な暗号化ネットワークのハッシュレートの約35%を占めていることになります。 また、ハッシュレートの12.6%を管理するViaBTCの株式も保有しています。 先週のCryptovestのレポートによると、Bitmainは、有名なwebブラウザーと同じ名前のOprera社の株式を50億円分、購入することを公文書によって明らかにしました。     Bitmainがブラウザ企業Operaに投資評価額が一兆円を超えたBitmainがブラウザ企業Operaに投資を行った。Operaは最近上場申請をしたばかりだがなぜBitmainがブラウザ企業に出資を行うのだろうか?近い将来、ブラウザでマイニングする事が当たり前になる日が来るかも知れない。