HiveOS1週間使ってみた感想は?他のOSと比較してみた

お気に入り0

ガチホなので最近すること無くなってきたぞ

どうも電脳モグラです。


HiveOSを導入してから1週間ほど経ったので、他のOSと比較しながら改めてHIveOSのメリットをまとめてみました。HiveOSの導入方法は下記の記事を参考にして下さい。

3リグまで無料で使える!HiveOSのマイニング設定方法を解説


目次

HiveOSと他のOSとの比較HiveOSのメリットマイニングしたい通貨を簡単に変更することが出来るオーバークロック設定も詳細に設定可能ハッシュレートを常に監視する機能HiveOSのデメリット



HiveOSと他のOSとの比較

控えめに言ってもHiveOSは最強です。



HiveOS
ethOS
Windows 10
価格3ライセンス無料39ドル
110ドル
操作性
日本語対応
×

拡張性
×
安定性

アップデート


リモート管理


機能性

×
VEGA×




HiveOSのメリット

HiveOSのメリットをまとめました。


無料で使える(3リグまで)

これはかなり大きなメリットです。個人マイナーには非常にありがたいと思います。ethosの場合、OSの初期費用で数千円を払わなければならないですが、HiveOSは無料!しかも3リグまで無料!

アカウントを他のメールアドレスで取得すれば更に3台無料で使えます。多分


4台目以降はGPUリグが月3ドル、ASICが月2ドル必要です。


モグラは4リグ中3リグをHiveOSで管理しています。



日本語対応

HiveOSはなんと!日本語に対応しているのです。

なので操作方法は簡単に慣れることが可能です!

管理画面の雰囲気は下記の動画から見ることが可能です。


この動画では英語表示です。



ブラウザから全て管理出来る

HiveOSは全ての管理をWebブラウザから直感的に管理出来ます。ethosの場合も同様にWebブラウザから管理可能ですが、ちょっと難しいと感じる人も多いはず

HiveOSは簡単です。ぽちぽちクリックするだけでOK


再起動もシャットダウンもクリックするだけ


クライアントのバージョンアップも自動でお知らせしてくれて、ボタンをクリックするとアップデートしてくれます。



見やすい管理画面

HiveOSは細部もかなり作り込まれています。


管理画面も非常に見やすく作り込まれています。



グラフで見ることも可能



マイニングしたい通貨を簡単に変更することが出来る

HiveOSはマイニングしたい通貨を簡単に変更スルことが出来ます。リグ単位で個別に設定することも、全てのリグに一括変更を加えることも可能です。


マイニング可能な通貨はかなり多く特に不自由は感じませんでした。

マイニングしたい仮想通貨の設定は、フライトシートで行います。このようにマイナーな仮想通貨もマイニング可能です。



オーバークロック設定も詳細に設定可能

オーバークロック設定も簡単に設定可能です。更にOhGodAnETHまでもが設定可能なのです。(すごい)

OhGodAnETHの起動するタイミングまで設定出来る・・すごすぎる

このようにHiveOSはマイナー目線で細かく作り込まれています。



ハッシュレートを常に監視する機能

ハッシュレートを常に監視し、異常があった場合に自動的に再起動してくれる機能もあります。これはかなり便利です。これを設定すれば運用がかなり便利になります。

オーバークロックをし過ぎると、GPUが落ちてしまいます。

そんな場合でも、自動で再起動をかけてくれるのでかなり便利!



大規模運営も一人で可能

HiveOSを使えばかなりの台数を自分一人で運用可能だと思います。しかもHiveOSであれば、GPUリグだけではなくASICも一括リモート管理が可能です!



HiveOSのデメリット

国産草コインは多分掘れない

BitZenyとかKotoは対応していないのでマイニング出来ないです。



AMDには対応しているがVEGAには対応していないらしい

モグラAMDのグラボ持っていないので知らなかった。(フォロワーさんに教えてもらった)



HiveOSの場合VEGAシリーズの運用が出来ないらしい(GPUが認識しない)

これぐらいしかデメリットが思いつかなかった。

が、しかし

その数週間後に対応しました!


HiveOS最強伝説開始

HiveOSの導入方法は下記の記事から

3リグまで無料で使える!HiveOSのマイニング設定方法を解説



ユーザー紹介

マイニング王に俺はなる!
ドン!
質問は記事のコメントでお願いします。
マイニングファームの立ち上げのお仕事も受付中
因みにマイニング以外も色々できるぞ!(プログラマー兼デザイナー)

このユーザーの記事一覧

3件のコメントがあります

Byうしくん| 2018/11/08

HiveOSの導入前に質問したいのですがマイニングPCはHiveOSにした場合
管理するPC側はWINのブラウザーからでも操作できるのでしょうか??

By電脳モグラ| 2018/11/08

モグラは普段Windows10のchromeブラウザで管理していますが、Edgeブラウザでもアクセスできるので大丈夫だと思います。

Byうしくん| 2018/11/08

いつもありがとうございます。
早い返信をいただけ助かりました。
HiveOSのアカウント作成時モグラさんのプロモーションコードにdennoumoguraを使わせて頂きます。

コメントを書く

関連する記事

Radeon RX 570/580でマイニングするやり方は?BIOS書き換えでハッシュレート4割アップ

雀の涙とモグラの涙どうも電脳モグラです。今回はめんどくさくて手を出していなかった。AMDシリーズのグラボのBIOS書き換えにチャレンジしてみました。BIOSを書き換える方法は何通りかありますが、本記事では最も簡単な方法を解説しています。マイニングに最適化されたBIOSを使用するとハッシュレートがかなり向上します。目次マイニング用にRadeon RX 570 8G OCを購入RX 570/580でマイニングする際の注意点ATIFlashToolでBIOSを保存するRX570のBIOSを書き換える書き換えたBIOSを適応するRadeon RX 570/580オーバークロック設定Radeon RX 570/580 のハッシュレートと利益はいくら?BIOSの書き換えが上手くいかない時は?Radeon RX 570/580 とHiveOSでマイニングする方法マイニング用にRadeon RX 570 8G OCを購入 取り敢えず、検証用で1枚買ってみた。価格はかなり安くなっていて新品で23,000円だったぞMSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OC グラフィックスボード VD6545posted with カエレバ MSI COMPUTER 2018-02-09 Amazonで探す1080Tiと比べると小ぶりで、かなり軽い更に電源ケーブルは8ピンケーブル一本でOK裏側にバックプレートが付いていない。チクチクするし、リグを組むときに他のグラボを傷つける可能性があるからこのタイプはあまり好きではない。MSI Radeon RX 580 ARMOR MK II 8G OC グラフィックスボード VD6544posted with カエレバ MSI COMPUTER 2018-03-17 Amazonで探す4,000円ほど高いRX 580の方が良いかもしれない。こっちはバックプレートがついているし、ハッシュレートと消費電力が若干上昇しているメモリ8Gモデルを買うRXの500番台を買う時にもっとも注意する点はメモリだ。メモリが4Gのタイプはめちゃくちゃ安いけど、難易度が上がると4Gではマイニング出来なくなるので買っちゃダメメモリの当たり外れがあるメモリ性能が若干違うらしい。チェック方法はGPU-Zというソフトでチェック可能早速モグラもGPU-Zで個体チェックしてみたぞあたりかな?ハズレかな?はい、ハズレすまん適当、当たりかハズレかはわからない確かメモリのメーカーによってハッシュレート に若干の違いが出るって聞いたことがあるhttps://www.techpowerup.com/gpuz/RX 570/580でマイニングする際の注意点保証期間が効かなくなる代理店サイトをチェックしてみると明確に書いてあった。https://www.tekwind.co.jp/support/warranty2.phpグラボが壊れる可能性なんと!正しい手順を行なっても壊れる可能性があるらしいまぁ完全い自己責任だね元のBIOSは必ず保存するうっかりさんは要注意だ。本記事の解説では元BIOSの保存方法もしっかりと解説している。ETHマイニングでの不具合ETHマイニング(DaggerHashimoto)が出来なくなったぞETHマイニングの場合上記の画面が表示された後にすぐ落ちてしまうCryptoNight系は問題なくマイニング出来た。ATIFlashToolでBIOSを保存するまずはBIOSのバックアップを取るATIFlashToolのダウンロード下記のサイトからATIFlashToolをダウンロードするhttps://www.techpowerup.com/download/ati-atiflash/ATIFlashToolでBIOSのバックアップを取る方法手順は下記の通りATIWinflash.exeをクリックして解凍「すべて展開」を選択ATIWinflash.exeをクリックして起動保存をクリックして既存のBIOSを保存する既存のBIOSをローカルとオンラインに保存するバックアップはローカルとオンラインで保存しておくのがオススメBIOSのバックアップはローカル保存だけじゃなくて、オンライン上にアップしておくのがオススメだ。モグラはGmailファイルを添付して自分宛に送付している。簡単に検索できるし、普段使っているからかなり便利だ。必ず元のBIOSを保存してから次の手順に進もう(間違って上書きしたら終)最悪、下記から元のBIOSがダウンロード出来るモグラも念のためやってみたけど、問題なかった。https://www.techpowerup.com/vgabios/?architecture=Uploads&manufacturer=&model=RX+580&interface=&memType=&memSize=&since=RX570のBIOSを書き換えるPolarisBIOSEditorのダウンロードhttps://github.com/vvaske/PolarisBiosEditor右のプルダウンボタンのClone or downloadをクリックして、Download ZIPを選択してダウンロードするBIOSをマイニング用に書き換える方法手順は下記の通りファイルを解凍するPolarisBiosEditor.exeをクリック「すべて展開」を選択C:\Users\Administrator\Downloads\PolarisBiosEditor-master (2)\PolarisBiosEditor-master\bin\DebugのフォルダのPolarisBiosEditor.exeをクリックして起動するOPEN BIOSをクリック画面右下の「表示するファイルをAll Files(*.*)」を選択する「OPEN BIOS」クリックして、先ほどATIFlashTool保存した元BIOSを読み込む「ONE CLICK TIMING PATCH」をクリックDo you want Good Micron Timing? → 「はい」を選択「SAVE AS」をクリックして別名で保存する(必ず元BIOSと違う名前で保存しよう)書き換えたBIOSを適応する手順は下記の通り再びATIFlashToolを起動する「イメージの読み込み」クリックして、書き換えたBIOSを読み込むプログラムボタンを押し、グラボのBIOSを書き換える再起動するかポップアップが出るが「いいえ」を選択する(ここで再起動はしない)AMD Pixel Patcherをでグラボにパッチを適用する下記のURLから「atikmdag-patcher-1.4.6.zip 」ファイルをダウンロードして解凍するhttps://www.monitortests.com/forum/Thread-AMD-ATI-Pixel-Clock-Patcheratikmdag-patcher.exeをクリックして起動する「OK」を選択してパッチを適用するこれをしないとグラボが認識しない状態に陥る万が一グラボが認識しない場合はAMD Pixel Patcher使って再起動する手順を繰り返すと良い。モグラは二回目でグラボが認識したぞパッチが適用されているとこの様な表示になるRadeon RX 570/580オーバークロック設定Wattmanでマイニング環境を最適化する設定値は甘めでこんな感じに設定した。Wattmanの使い方はこちらの記事で説明しているRadeon RX 570/580 のハッシュレートと利益はいくら?Radeon RX 570の場合、CryptoNightV8のハッシュレートが408H/sから592H/sまで上がった。めちゃくちゃ詰めると700H/sぐらい行くらしいよ利益は・・・・雀の涙・・以下です。BIOSの書き換えが上手くいかない時は?ドライバを削除してから最新のドライバを入れるDDU(Display Driver Uninstaller)は、NVIDIA、AMDのグラフィックドライバを削除できる便利なソフトで上手くいかないときは取り敢えずこれを使えば良いと思う。DDUを使ってドライバーを削除してから最新のドライバーをインストールするhttps://www.wagnardsoft.com/forums/viewtopic.php?f=5&t=1316上記URLの「Official Download Here」からダウンロード可能AMD最新のドライバーhttps://www.amd.com/ja/support自分のグラボを選択してダウンロードしようRadeon RX 570/580 とHiveOSでマイニングする方法準備中

グラボで作るマイニング暖炉

姪っ子が可愛すぎて、マイニングどころでは無いどうも電脳モグラです。最近は姪っ子(1才)が泊まりに来るので、マイニングの記事サボりがちです。子供の可愛さ半端ない自宅マイニングの利益ですが、ASICとGPU合わせて一日7,000円ぐらいまで悪化してしまっています。当然、機器費用の回収は絶望的・・・せめて暖房がわりにと・・レッドクリフを解体し、自分の部屋にマイニング暖炉を作りました。マイニング暖炉完成取り敢えず、完成はこんな感じです。うーん暖炉っぽいです。実に暖炉構成は下記の通り1080Ti @6台ATX電源2台サーバー電源1台電源は計3台使用しています。サーバー電源はライザーカードの給電用に使用しています。サーバー電源がある事で、6Pinケーブルを使用しライザーカードへ給電することが可能です。(サーバー電源ケーブルをATX電源に挿すと、ショートするから注意)なぜATX電源を使ったのか当初はサーバー電源のみで構築していました。しかし、騒音が酷いため、消費電力を食うグラボ本体にはATX電源を使用することにしました。この変更により、かなり静音化することが出来ました。ノイズは空気清浄機の中ぐらいです。グラボのファンのノイズしかないので、普通に寝ることが可能!一般的にサーバー電源は音がうるさいイメージがありますが、ライザーカードへの供給に使用する場合、消費電力が少ないのでとても静かです。見た目を暖炉っぽくする見た目から入るスタイルそれがモグラ今回は暖炉っぽく見せるためにLED電球を使用しています。フレームランプ LED電球 キャンドルライト led電球 蝋燭ロウソク 揺らぐ炎 装飾 省エネe26 3モードイルミネーション 濃い電球色 (光源方向:上方)posted with カエレバ AiteFeir Amazonで探すこれにより、圧倒的暖炉感を演出することが可能です。マイニング暖炉の温度は?どのくらい温まるのか?マイニング暖炉をつけると、あっという間に室内温度が30度になってしまいます。(室内温度が23度の場合)すごく暑いので、今は消しています。1080Tiは特に熱を出すグラボなので冬にぴったりです。因みにグラボでのマイニングはかなり厳しい状況です。ほとんどのマイナーは撤退したのでは無いでしょうか?

Windows Defenderのリアルタイムスキャンを完全に無効化する方法(.exeファイルがありませんエラー)

気がついたら、マイニングソフトが勝手に削除されている切ったはずのリアルタイムスキャンが勝手にオンになっている・・そんな状態になっていしまった方におすすめの対処方法を伝授します。この方法はマイニングPCのみにおすすめで、普段使っている作業用のPCにはおすすめしません!リアルタイムスキャンを完全に無効化するやり方通常の設定ではWindows Defenderを「オフ」にしても、しばらくすると自動的に「オン」になってしまいます。この状態になるとマイニングソフトである.exeファイルが消えてしまいマイニング出来ない状態となってしまうのです。Windows Defender をレジストリを編集することで、Windows Defenderを完全に無効化する事が可能です。レジストリ エディターを起動するツールバーの一番左にある「Windows」マークを右クリックメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリック「regedit」と入力して「OK」をクリックします。レジストリの編集レジストリエディタの左側メニューのアイコンを下記の順でクリックする「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Policies」→「Policies Microsoft」Windows Defenderを右クリックして、サブメニューを開く「編集」→「新規」→「DWORD(32ビット)」をクリックし、新規に「DWORD値」を作成する新規に作成した「DWORD値」の名前を「DisableAntiSpyware」に変更する名前を変更した 「DisableAntiSpyware」を右クリックして「修正」をクリック値のデーターを「1」に変更する再起動して保存パソコンを再起動して設定情報を保存します。これで、Windows Defenderを完全に無効化する事が可能だ。リアルタイムスキャンが勝手にオンになることもない!Windows Defenderを元の状態に戻す方法「Windows Defender」を元の状態に戻すにはファイルを削除して再起動すればOK

SSDを完全に消去してWindowsを入れ直す方法

ごく稀にWindowsがどうしようもなく壊れてしまう状況に陥る場合があります。モグラも自宅マイニングファームを構築するときにその症状に陥りました。具体的な症状は下記の通りWindowsがいきなり立ち上がる黒い画面にカーソルだけ表示される全体的にもっさりした動きセーフティーモードで起動するか迫られる致命的なファイルの欠損ファあります。(うる覚え)のような警告が出るWindowsを起動すると本来であれば表示されるべきこの画面が表示されず、いきなりWindowsが立ち上がるWindowsがいきなり立ち上がると言っても実際に立ち上がるのが異常に遅い。体感で2分ぐらいかかる。しかも、Windowsログイン後の動作も全体的に遅いのだ。再起動を繰り返しているうちに、セーフティーモードで起動するか?のような選択を迫られるようになり、その後は致命的なファイルの欠損ファあります。(うる覚え)のような警告が出るようになった。これらの警告はブルースクリーン上で表示されるのではなく、Windowsが立ち上がったタイミングで表示された。悪戦苦闘した結果、修復不可能なのでOSを入れ直すことにした。SSD内のデータを消去してOSを入れ直すSSD内にあるデータを消去するには他のPCに対象のSSDを外部接続する必要がある。外部接続するにはこのようなパーツが必要だ。これはしょうがなくアマゾンで買った。ELUTENG USB Type C接続 2.5インチ HDD SSD ケース SATA to USB3.1 GEN-1 HDDケース 外付けHDD USB3.0とUSB-Cケーブル付き ポータブル ポータブルドライブ Thunderbolt3も対応posted with カエレバ ELUTENG Amazonで探す接続が完了したらコマンドプロンプトを立ち上げようコマンドプロンプトの立ち上げ方Windowsのタスクバーにcmdと入力してコマンドプロンプトを管理者として実行しようSSD削除コマンドコマンドプロンプトが立ち上がったらdiskpartコマンドを打ってEnterを押そうdiskpart次は削除するSSDのリストを表示するコマンドを打とうlist disk削除したいSSDを選択するコマンドを打とう。これ間違えると地獄だから十分注意してね例 disk2を削除する場合は下記のコマンドselect disk 2最後はSSDを内のデータを削除するコマンドclean allこのコマンドを打つとSSDにゼロデータが上書きされる。書き込みが完了するまでには結構時間がかかるぞ書き込み状況はタスクマネージャーから確認することができるぞそこそこ時間がかかるから、気長に待とう因みにこの方法でも完璧に消せている訳ではないらしい。まぁこの方法でOSを入れ直すことが出来るので特に問題はない。

ethOSで直掘りマイニングする設定方法を解説

お問い合わせが何件かあった、ethOSで直彫りする方法を解説していきます。しかし、ehtOSは初心者にはあまり向かないです。(結構難しいかも?)モグラは現在HiveOSでお手軽管理しています。HiveOSの導入記事はこちらで解説しています。このマイニング方法が本来のやり方で、以前解説したNiceHashを使う方法はイレギュラーです。モグラ的には基軸仮想通貨のBTCに変換してくれるNiceHashを使えば急激な相場変動でリスクが減ると考えていますが、自分の好きな方法でマイニングして下さいこの記事の対象者は下記の基本をマスターしたマイナー向けの記事です。モナコイン(MONA)のマイニング方法を完全網羅!マイニングソフトとマイニングプール設定のやり方モグラでもわかるethOSの設定導入方法ethOSで直掘りする設定今回はモナコイン をethOSで直掘りしてみるよ下記のコードを参考にlocal.confを編集しようそのままコピペしても動かないから注意してね# miner #------------------------------------------------- # Lyra2REv2 Cryptonight neoscrypt globalminer ccminer #------------------------------------------------- # Algo #------------------------------------------------- # Lyra2REv2 flags -a lyra2v2 #------------------------------------------------- # Vip pool #------------------------------------------------- proxypool1 stratum1.vippool.net:8888 proxypool2 vippool.net:8888 proxywallet VIPに登録しているウォレットアドレス -u ユーザー名 #------------------------------------------------- # GPU #------------------------------------------------- # GeForce GTX 1080 Ti cor 86.02.40.00.1A 1850 mem 86.02.40.00.1A 5200 pwr 86.02.40.00.1A 80 fan 86.02.40.00.1A 80 mxt 86.02.40.00.1A 70 # GeForce GTX 1070 Ti cor 86.04.85.00.9C 1750 mem 86.04.85.00.9C 4800 pwr 86.04.85.00.9C 80 fan 86.04.85.00.9C 80 mxt 86.04.85.00.9C 70 maxgputemp 70 globalfan 85 #------------------------------------------------- #------------------------------------------------- autoreboot 3 stratumproxy enabled #-------------------------------------------------自分の環境に合わせて設定する必要があるので解説していくよウォレットアドレスとユーザー名を入力するまず、ウォレットアドレスを変更しようこのウォレットアドレスは、VIPに登録しているモナコイン の払い出しウォレットアドレスを入力して下さい。proxywallet VIPに登録しているウォレットアドレス -u ユーザー名払い出しウォレットアドレスは下記のURLから確認出来ます。https://vippool.net/index.php?page=account&action=editユーザー名も変更する必要があります。先ほどウォレットを入力したコードの末尾にユーザー名を入力して下さい。VIPのワーカー設定次はVIP側のワーカー設定です。下記のURLにアクセスして設定を行います。https://vippool.net/index.php?page=account&action=workers赤い点線部分にワーカー名とワーカーのパスワードを入力します。ワーカー名はethOSの左上画面に表示されているrig 数字6桁を入力します。ワーカー名を自分で設定したい場合は下記のコードをlocal.confに追記して下さい。loc 数字6桁 mogura1今回はethosの数字6桁のワーカー名で設定していきます。ワーカーのパスワードは適当でxにしています。入力が終わったら、ワーカーの追加ボタンを押して追加します。以上で設定は終了です。マイニング 状況の確認正しくマイニング されているか?ウォレットに払い出しされているか下記のURLから確認しましょうこのようにUnconfirmedがどんどん追加されて、その後Confirmedに変わっていればマイニング 成功です。基本的には今回の設定をベースにマイニング プールやマイニングしたい仮想通貨を変更できるかと思います。不明点などがある場合は公式のサンプルをみながら設定して下さい。

モグラでもわかるethOSの設定導入方法

ethOSを導入したので早速記事化しました。ちょっと難しいかもしれないのでめちゃくちゃ簡単に誰でもできるように解説していきますよー因みにモグラはethOS(エートス)と呼んでいます。本当はイーサオーエスらしいけどねただethOSよりもHiveOSのほうが10倍ぐらい使い安いし、便利だった。HiveOSの導入方法は下記の記事で詳しく説明しているモグラでもわかるHiveOSのマイニング設定及び導入方法目次ethOSとは?ethOS導入のメリットethOSの入手方法ethOSの設定の仕方ethOSのセキュリティー設定ethOSの環境設定ethOSの初期設定ethOSよく使うコマンド一覧ethOSの設定動画ethOS関連質問集この記事の対象者はWindows10でマイニングをしたことがある方を対象としています。マイニングやったことない!という方はまずWindows10場でNiceHashを使ってやってみましょうNicehash(ナイスハッシュ)でマイニングするやり方を完全網羅!設定からウォレットへの引き出しまでの方法を解説ethOSとは?ethOSはLinuxベースで開発されたマイニングに特化したOSです。マイニングできる仮想通貨はイーサリアム、Zcash、moneroなど多数あります。草コインをマイニングするときに多少手間がかかるのが難点です。ethOS導入のメリットなぜethOSをわざわざ導入するのかまとめました。8枚以上のグラフィックボードでマイニング可能一番大きな理由はこれでしょう多分ethOSを使えば13枚のグラフィックボードでマイニング出来るようになります。Windows10の場合は8枚が限界です。しかもWindows10の場合は8枚でもうまく認識しないことが多々ありました。その点ethOSは一発ですべてのグラフィックボードを認識してくれたので流石!マイニングに特化したOSだなーと感心しました。(マジ)一般的にはAMDのグラフィックボードが対応しているようですが、海外のサイトではNVIDIAのグラフィックボードでも13枚認識していました。モグラはグラボ不足のためNVIDIA13枚での確認が取れていません。参考画像 Nvidia GTX グラフィックボード13枚をethOSで運用http://cryptomining-blog.com/w認識しているようですね・・果たして安定稼働するのでしょうか?5月ぐらいに検証出来る見込みです。マイニングPC費用を削減可能WindowsOS費用15000円とSSD費用6000円を削減可能です。SSDも必要ありません。ありがたいですねデュアルマイニング2018年3月現在デュアルマイニングのメリットはほぼなくなりました。ethOSの入手方法入手方法は2通りあります。ダウンロードしてISOファイルをコピーする方法これはちょっと調べてめんどくさそうなので速攻で却下しました。興味がある人は調べてチャレンジしてみて下さい。デメリットは下記の通りです。・自分の時間を1~2時間ほど奪われる・コピー先を間違えると自分のPCのデータが消える(これはマジ地獄)日本の代理店から買う自分の時間を節約可能です。モグラは秋葉原e市場というところで買いました。リンクは下記USBメモリー版 マイニング用OS ethOS 【ゆうパケット対応】USBメモリ代を加味するとむしろやすいのでは・・まぁ値段はほぼ同じですねこの場合は届いたUSBを指すだけでethOSが起動します。注文から3日目にゆうパックで届きました。ethOSの設定の仕方それでは設定方法を順番に解説していきます。起動直後の画面です。1分ぐらいするとこの画面に切り替わります。赤い部分にはURLが記載されています。アクセスすると下記の様に自分のリグの稼働状況やステータスを別のPCから見ることができます。ターミナルについてターミナルはコマンドを打ってプログラムを実行する場所です。一番左のアイコンをマウスオーバーするとタブが出ます。タブの中何あるLXTerminalをクリックしてターミナルを立ち上げましょうethOSをアップデートするまず、ethOSを最新の状態にしましょう。先ほど立ち上げたターミナルに下記のコマンドを打って下さい。sudo ethos-update && sleep 5 && r20秒するとこのような画面に変わります。バージョン1.3.0にアップデートするから15分ぐらいかかるよーって書いてあるので15分ぐらい待ちましょうアップデートがうまくいくと自動的に再起動します。再起動後は画面の右下にこのような表示がされます。ライセンスの規約に同意するか?といった内容です。yを入力してエンターキーを押して下さい。上記の画面以外が出て挙動がおかしい場合は再起動後に下記のコマンドを打って下さい。sudo ethos-update reupdate && sleep 5 && rマイニングソフトをアップデートするマイナー(マイニングソフト)も最新の状態にアップデートしておきましょうターミナルにて下記のコマンドを打って下さい。sudo update-miners && sudo service ethos-miner-monitor restartこのアップデートも数分かかります。ethOSのセキュリティー設定パスワードの変更ターミナルに下記のコマンドを打って下さい。passwd ethos$ passwd ethos (current) UNIX password: ******** デフォルトパスワード(live)を入力する Enter new UNIX password: 新しいパスワードを入力(入力しても表示がないですがOKです。)Retype new UNIX password: 新パスワードを再入力する(確認用) passwd: password updated successfullyrootパスワードの変更ターミナルに下記のコマンドを打って下さい。sudo passwd root$ sudo passwd root [sudo] password for root: 先程決めた新パスワードを入力する Enter new UNIX password: 設定するパスワード(root用)を入力するRetype new UNIX password: 設定するパスワードを再入力するpasswd: password updated successfullysshでのルートログインの禁止ターミナルに下記のコマンドを打って下さい。sudo usermod -L rootリモートコンフィグ無効これを無効化しないと再起動時にせっかく設定したlocal.confに記述したものがすべて消えてしまいます。厳密にいうとremote.confの内容が上書きされてしまいます。下記のコマンドをターミナルで打って下さい。force-localremote.confの使い方はまた別の記事に書きたいと思います。個人マイナーの方は使わなくても良い機能です。大量のリグを運用するときに使用すると便利な機能で、サーバに事前に設定しておいたethOSの設定内容txtファイルでアップしそのURLをremote.confに記述しておけばアップしておいたtxtファイルの内容に自動で書き換わるという機能です。ethOSの環境設定キーボードのレイアウト変更デフォルトではUSキーボードレイアウトになっていて&などの配列が日本語キーボードと異なる場所になっています。ここからは今までと少し編集方法が違うので注意して下さい。viエディタの編集を行う必要があります。下記のコマンドを打って下さい。sudo vi /etc/default/keyboardeを押してエンターキーを押します。上記のコマンドを打ち込んだらESCボタンを押してコマンドモードにします。さらにその後入力モードにするする為にiを押します。移動は矢印で行います。usの部分をjpに変更します。上記画面はusをjpに変更後の画面です。編集が終わったらESCを押して:wpと入力してエンターキー押すと編集内容を保存できます。viエディタの使い方には詳しく各コマンドが記載されています。ethOSの初期設定この記事でモグラはethOSをNichHashプールを使って運用しています。Nicehashを使う理由はアルトコインの乱高下で売るタイミングを間違えると致命症になるからです。アルトコインは1日で10%以上も下がることもありますよねNichHashプールを利用すればビットコインでで払い出しがされるので上記のリスクを軽減できます。NichHashプール情報はhttps://www.nicehash.com/farm-miningで調べることが可能です。しかしethOSでは、NichHashの良さである自動的にアルゴリズムを変更してくれる機能は使えませんのでご注意下さい。Nicehashプールを使わずにマイニングする方法は下記の記事で解説しています。ethOSで直掘りマイニングする設定方法を解説local.confの設定local.conf(ローカルコンフ)を編集しましょう画面を開くと色々記載されていますが全て消して大丈夫です。下記のサイトに全く同じものが記載されているので必要な時はいつでもコピペできます。http://ethosdistro.com/pool.txtコメントアウトについて#が付いている場合は以降の文字列はプログラムとして実行されません。テキストとしての表示となります。# globalminer ewbf-zcash上記の場合はglobalminer ewbf-zcashをプログラムとして使用していない状態となります。しようする場合は#を外す必要があります。下記はzcashを掘る場合の設定になります。# miner #------------------------------------------------- # zcash globalminer ewbf-zcash # monero monacoin #globalminer ccminer #------------------------------------------------- # Algo #------------------------------------------------- # monacoin #flags -a lyra2v2 # monero #flags -a cryptonight flags --cl-global-work 8192 --farm-recheck 200 #------------------------------------------------- # Pool #------------------------------------------------- # monacoin #proxypool1 lyra2rev2.jp.nicehash.com:3347 #proxypool2 lyra2rev2.eu.nicehash.com:3347 # zcash proxypool1 equihash.jp.nicehash.com:3357 proxypool2 equihash.eu.nicehash.com:3357 # monero #proxypool1 cryptonight.jp.nicehash.com:3355 #proxypool2 cryptonight.eu.nicehash.com:3355 #------------------------------------------------- # nicehash wallet #------------------------------------------------- proxywallet NiceHashのウォレットアドレスを入れる #------------------------------------------------- # GPU #------------------------------------------------- cor 86.02.40.00.1A 2000 mem 86.02.40.00.1A 3500 pwr 86.02.40.00.1A 75 fan 86.02.40.00.1A 80 mxt 86.02.40.00.1A 70 # GeForce GTX 1070 Ti cor 86.04.85.00.9C 1800 mem 86.04.85.00.9C 3200 pwr 86.04.85.00.9C 75 fan 86.04.85.00.9C 80 mxt 86.04.85.00.9C 70 maxgputemp 70 globalfan 85 #------------------------------------------------- #------------------------------------------------- autoreboot 3 stratumproxy enabled #-------------------------------------------------Nicehash(ナイスハッシュ)のウォレットアドレスがない方は下記の記事を参考にして下さい。Nicehash(ナイスハッシュ)でマイニングするやり方を完全網羅!設定からウォレットへの引き出しまでの方法を解説moneroを掘る場合は下記の項目をコメントアウトによって切り替える必要があります。minerAlgoPoolオーバークロック設定と環境設定まずグラフィックボードのアドレスを調べましょう下記のコマンドを打つと様々なステータスが表示されます。show stats赤い点線部分をメモして下さい。これはグラフィックボードが同じであれば同じ設定でOKです。オーバークロックは下記のように設定します。cor コアクロック設定mem メモリークロック設定pwr パワーリミット設定fan ファン設定maxgputemp 75度でマイニング中止globalfan 個別に設定していない場合はこの設定が優先されるautoreboot  自動復旧する回数を数字で指定する設定を反映する全ての設定を反映するために下記のコマンドを実行します。putconf && minestop && ethos-overclock再起動後に下記のコマンドを打ってマイニング状況を確認しましょう!show minerアルゴリズムを変更する場合実際に変更したのが下記の画面になります。選択アルゴリズムはlyra2v2です。下記の項目をコメントアウト、コメントインして下さい。minerAlgoPool# miner #------------------------------------------------- # zcash #globalminer ewbf-zcash # monero monacoin globalminer ccminer #------------------------------------------------- # Algo #------------------------------------------------- # monacoin flags -a lyra2v2 # monero #flags -a cryptonight #flags --cl-global-work 8192 --farm-recheck 200 #------------------------------------------------- # Pool #------------------------------------------------- # monacoin proxypool1 lyra2rev2.jp.nicehash.com:3347 proxypool2 lyra2rev2.eu.nicehash.com:3347 # zcash #proxypool1 equihash.jp.nicehash.com:3357 #proxypool2 equihash.eu.nicehash.com:3357 # monero #proxypool1 cryptonight.jp.nicehash.com:3355 #proxypool2 cryptonight.eu.nicehash.com:3355 #-------------------------------------------------マイニングステータス画面です。ethOSよく使うコマンド一覧local.conf(ローカルコンフ)編集vi local.confステータス確認show statsマイニング状況の確認show miner再起動r設定の反映putconf && minestop && ethos-overclockシャットダウンsudo haltethOSの設定動画ethOS関連質問集コピペの仕方左下のスタートメニューからethOS Stats panelを選択するとブラウザが起動するよウォレットのアドレスやlocal.confをコピペしたいときに使おうコピーはCtrl + Insert ペーストはshift + insert 因みにだけどセキュリティソフトが入っていない状態でGoogle mailにログインするのは危険だと思うので注意しようリモート管理の仕方ethOSの画面の左上に「admin: http//xxx.xxx.xxx.xxx」と表示されているURLを別のPCで入力して下さい。login ethospassword 自分で設定したパスワードログインするとターミナルが立ち上がります。viエディタの使い方も参考にして下さいsudoってなに?super  user do の略だったかな?確かスーパーユーザーがドゥするってこと(superuser=root)の権限での実行一番上の権限で実行するぜsudoをつけないとそのあとのコマンドが実行されない場合がある。コマンド打ってんのに実行されないぞ!というときはsudoをつけよう

電脳モグラマイニングファーム 壱号機

どうも電脳モグラです。電脳モグラマイニングファーム1号機をアップします。初代CPU  Intel CPU Pentium G4400 3.3GHz 3Mキャッシュ 2コア/2スレッド LGA1151 BX80662G4400 メモリ CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400)マザーボード ASUS Intel B250搭載 マザーボード LGA1151対応 B250 MINING EXPERTグラボ MSI GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G グラフィックスボード ライザーカード N.ORANIE USB 3.0 PCI-E Express PCI-E 1X to 16X ライザー エクステンダーカード 電源サイズ Corsair HX1000i 80PLUS PLATINUM 1000W PC 電源ユニット PS544 CP-9020074-Jストレージ  SanDisk SSD PLUS 120GBメーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J27OSとOSバージョン Windows10オーバークロック パワーリミット80%  Core clock 144 Memory Clock 285オンボード出力 Yes現在マイニング歴 2017年12月から合計ハッシュレート 320メガ今まで稼いだ額(円換算でざっくり)マイニングの好きなところ 毎日収益が出るところマイニングの嫌なところ 暑い今後の予定や計画 2018年度は5ギガハッシュレートを目指しています。マイニングの中央集権を阻止するために個人マイナーをもっと増やしたいです。Hakaishaでは世界中のマイニングファーム情報を集めてマイニングをする上でのノウハウをデータベースとして残していきたいです。日本のマイナーの方は自分のマイニングマシーンをアップしてくれると嬉しいです。本サイトにマイナーとして登録後はプロフィール設定からランクアップ申請をして下さい。ランクアップすると記事などを投稿できる機能が解放されます。不明点はご質問くださいモグ