Radeon RX Vega 56/Vega 64でマイニングするやり方は?一番簡単な設定方法を紹介

お気に入り0

俺の屍を超えていけ

どうも電脳モグラです。


実はモグラ、今回の暴落で40万円を稼ぎ(次の日30万円を失う)ビビって速攻で資金を引き出しました。取りあえず10万円程度儲かったのでグラボを買いました。

本記事ではVega 56のグラボとNiceHash(ナイスハッシュ)を使って簡単にマイニングする方法を解説しています。

NiceHash(ナイスハッシュ)が未導入の方はこちらの記事を参考に導入して下さい。


目次

Vega 56/Vega 64のグラボはCryptoNight系のマイニングが有利 マイニング用にRadeon RX Vega 56 Air Boost 8G OCを購入マイニング専用のAMDドライバをインストールするAMD用NiceHashマイニングソフト設定方法Wattmanでマイニング環境を最適化するVega 56 のハッシュレートVega 56でマイニングする際の注意点Vega 56でマイニングすると利益はいくら?Vega 56とHiveOSでマイニングする方法



Vega 56/Vega 64のグラボはCryptoNight系のマイニングが有利

AMD系のグラボはCryptoNight系、ETH系のマイニングが有利です。特にモネロ(Monero/XMR)はASICに対抗する傾向があるのでマイニングにおすすめです。マイニングバブルの2017年年末はかなりのパフォーマンスだったらしいです。が・・果たして今は・・ 


 

マイニング用にRadeon RX Vega 56 Air Boost 8G OCを購入

相場が暴落すると、グラボの価格も暴落するのです。5,4000円で買えました。



バックプレートも高級感がありいい質感です。




マイニング専用のAMDドライバをインストールする

まずAMDドライバーをインストールしましょう。下記のサイトで自分の環境にあったドライバをインストールして下さい。

https://www.amd.com/ja/support

最新のドライバ方が良いらしい


昔のブロックチェーン専用のドライバもある

https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-blockchain-beta



ダウンロードしたファイルを解凍して、インストールを行います。



モグラは高速インストールを選択しました。



AMD用NiceHashマイニングソフト設定方法

AMD用NiceHashマイニングソフトをダウンロード

https://miner.nicehash.com/?gpu=amd

まず、上記のサイトで「DOWNLOAD FOR AMD」をクリックして下さい


するとこの画面に遷移するので「nhm_windows」をクリックしてダウンロードします。



AMD用NiceHashをインストールする

ダウンロード後ファイルを解凍し、 フォルダの中にある「NiceHashMinerLegacy.exe」というファイルをクリックしてNiceHashをインストールします。



AMD用NiceHashの初期設定

Settingsをクリックします。



赤枠部分を設定して下さい。

Bitcoin AddressはNiceHashから発行されたBTCアドレスを入力して下さい。

Worker Nameはアルファベットで任意の文字列を設定して下さい。



一番最初の画面に戻ってグラボのベンチマークを行います。



上記の画像赤い点線を参考に各項目にチェックを入れてStartボタンを押します。

ベンチマークが終わったら取り敢えずマイニングできる状態となります。



マイニング中はこんな感じ



Wattmanでマイニング環境を最適化する

AMD Settingsを起動します。


起動すると上記の画面が立ち上がります。

下記の手順で設定を行って下さい。


  1. 画面上部の「ゲーム」をクリック
  2. グローバル設定をクリック
  3. グローバル Wattmanをクリック
  4. カスタムをクリック
  5. 各項目を設定する
  6. 画面右上部に「適用」が出現するのでクリックして設定を反映する


上記が実際に設定する画面です。

折れ線グラフをマウスでドラッグするか、数値を入力して設定して下さい。



Vega 56 Wattmanの設定値

取り敢えず甘めに設定してみた。


Vega 56Vega 64
消費電力155w
コアクロック周波数(オレンジ)
 -4%

メモリークロック(紫)950MHz
ファンスピード最小(黄色)2000
ファンスピードターゲット(黄色)
3500

温度最大(赤)
78
温度ターゲット(赤)
55
電力制限(赤)-25%



Vega 56 のハッシュレート

CryptoNight V8の場合、コンソール画面では1449H/sだけどNiceHashのクライアント上だと1100H/s(1.1kH/s)と表示されている。どっちが正しいのかは分からない。ハッシュレートはアルゴリズムによって最適な設定やハッシュレートが変わるので注意が必要だ。

ただYouTubeで見ると1800H/sぐらい出てるな・・

色々検証して後々、追記修正するぞ

因みにETH(Daggerhashimoto)は42Mh/sだった。

恐らく、BIOSをマイニング用に書き換えないといけない。RX 570のBIOSを書き換えたところハッシュレートが4割もアップした。VEGAでも試してみる



Vega 56でマイニングする際の注意点

VEGAのマイニングは結構、難しいらしい。簡単にまとめてみた。


  1. グラボの台数が増えると安定しない(グラボが落ちる)
  2. 環境起因でハマることも多い
  3. Nvidiaのグラボと比べると需要が弱く売却しずらい
  4. 台数が増えるとグラボ認識しないなどのトラブルがある



Vega 56でマイニングすると利益はいくら?

2018年12月現在の1日あたりの売り上げは・・

44円なり

クッソォおおおおおお

電気代差し引いたら赤字だぁあああああ


因みに、今は値上がりしてしまったコインより、上がりそうなコインをマイニングする方が良いと思う。あとは設定を詰めればもうちょいマシになるかも



Vega 56とHiveOSでマイニングする方法

準備中




ユーザー紹介

マイニング王に俺はなる!
ドン!
質問は記事のコメントでお願いします。
マイニングファームの立ち上げのお仕事も受付中
因みにマイニング以外も色々できるぞ!(プログラマー兼デザイナー)

このユーザーの記事一覧

2件のコメントがあります

Byわんだほ〜| 2018/12/05

 ASICの利益比較を見てても下がる一方ですし、マイニングは電気代がネックですね~
ビットコインも変動激しめで悩まされます・・・

By電脳モグラ| 2018/12/05

マイニングピンチですね

コメントを書く

関連する記事

ゲーマー歓喜!?マイニング撤退でグラボが投げ売り中

臨時ニュースです。最近、グラボを大量に捌きたい人が増えてきているようです。これは・・・お買い得かも知れないRX 570は買わないほうがいいけど1070だったらゲームで全然使えるから良いかも知れないモグラも価格とグラボメーカーによっては購入したいPalit (パリット)だったら絶対買わないね1060や1070流通量が多いから、オークションで流すと価格破壊が起きる。1080Tiを買ったモグラ大勝利なのである(大勝利とは言っていない)購入するときは商流と保証期間を確認した方がいいよもしかしたら大元が破産手続き中かも知れないし、代理店が何社も入ってたらやめた方がいい保証期間も商品到着後2週間ぐらい欲しいところマイニングで使っていたグラボでも温度管理がちゃんとしてれば大丈夫ばと思う。マイニングの負荷はゲームをやっている時の負荷の半分程度だから問題はファンを酷使してるからファンだけ壊れる可能性がある

Radeon RX 570/580でマイニングするやり方は?BIOS書き換えでハッシュレート4割アップ

雀の涙とモグラの涙どうも電脳モグラです。今回はめんどくさくて手を出していなかった。AMDシリーズのグラボのBIOS書き換えにチャレンジしてみました。BIOSを書き換える方法は何通りかありますが、本記事では最も簡単な方法を解説しています。マイニングに最適化されたBIOSを使用するとハッシュレートがかなり向上します。目次マイニング用にRadeon RX 570 8G OCを購入RX 570/580でマイニングする際の注意点ATIFlashToolでBIOSを保存するRX570のBIOSを書き換える書き換えたBIOSを適応するRadeon RX 570/580オーバークロック設定Radeon RX 570/580 のハッシュレートと利益はいくら?BIOSの書き換えが上手くいかない時は?Radeon RX 570/580 とHiveOSでマイニングする方法マイニング用にRadeon RX 570 8G OCを購入 取り敢えず、検証用で1枚買ってみた。価格はかなり安くなっていて新品で23,000円だったぞMSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OC グラフィックスボード VD6545posted with カエレバ MSI COMPUTER 2018-02-09 Amazonで探す1080Tiと比べると小ぶりで、かなり軽い更に電源ケーブルは8ピンケーブル一本でOK裏側にバックプレートが付いていない。チクチクするし、リグを組むときに他のグラボを傷つける可能性があるからこのタイプはあまり好きではない。MSI Radeon RX 580 ARMOR MK II 8G OC グラフィックスボード VD6544posted with カエレバ MSI COMPUTER 2018-03-17 Amazonで探す4,000円ほど高いRX 580の方が良いかもしれない。こっちはバックプレートがついているし、ハッシュレートと消費電力が若干上昇しているメモリ8Gモデルを買うRXの500番台を買う時にもっとも注意する点はメモリだ。メモリが4Gのタイプはめちゃくちゃ安いけど、難易度が上がると4Gではマイニング出来なくなるので買っちゃダメメモリの当たり外れがあるメモリ性能が若干違うらしい。チェック方法はGPU-Zというソフトでチェック可能早速モグラもGPU-Zで個体チェックしてみたぞあたりかな?ハズレかな?はい、ハズレすまん適当、当たりかハズレかはわからない確かメモリのメーカーによってハッシュレート に若干の違いが出るって聞いたことがあるhttps://www.techpowerup.com/gpuz/RX 570/580でマイニングする際の注意点保証期間が効かなくなる代理店サイトをチェックしてみると明確に書いてあった。https://www.tekwind.co.jp/support/warranty2.phpグラボが壊れる可能性なんと!正しい手順を行なっても壊れる可能性があるらしいまぁ完全い自己責任だね元のBIOSは必ず保存するうっかりさんは要注意だ。本記事の解説では元BIOSの保存方法もしっかりと解説している。ETHマイニングでの不具合ETHマイニング(DaggerHashimoto)が出来なくなったぞETHマイニングの場合上記の画面が表示された後にすぐ落ちてしまうCryptoNight系は問題なくマイニング出来た。ATIFlashToolでBIOSを保存するまずはBIOSのバックアップを取るATIFlashToolのダウンロード下記のサイトからATIFlashToolをダウンロードするhttps://www.techpowerup.com/download/ati-atiflash/ATIFlashToolでBIOSのバックアップを取る方法手順は下記の通りATIWinflash.exeをクリックして解凍「すべて展開」を選択ATIWinflash.exeをクリックして起動保存をクリックして既存のBIOSを保存する既存のBIOSをローカルとオンラインに保存するバックアップはローカルとオンラインで保存しておくのがオススメBIOSのバックアップはローカル保存だけじゃなくて、オンライン上にアップしておくのがオススメだ。モグラはGmailファイルを添付して自分宛に送付している。簡単に検索できるし、普段使っているからかなり便利だ。必ず元のBIOSを保存してから次の手順に進もう(間違って上書きしたら終)最悪、下記から元のBIOSがダウンロード出来るモグラも念のためやってみたけど、問題なかった。https://www.techpowerup.com/vgabios/?architecture=Uploads&manufacturer=&model=RX+580&interface=&memType=&memSize=&since=RX570のBIOSを書き換えるPolarisBIOSEditorのダウンロードhttps://github.com/vvaske/PolarisBiosEditor右のプルダウンボタンのClone or downloadをクリックして、Download ZIPを選択してダウンロードするBIOSをマイニング用に書き換える方法手順は下記の通りファイルを解凍するPolarisBiosEditor.exeをクリック「すべて展開」を選択C:\Users\Administrator\Downloads\PolarisBiosEditor-master (2)\PolarisBiosEditor-master\bin\DebugのフォルダのPolarisBiosEditor.exeをクリックして起動するOPEN BIOSをクリック画面右下の「表示するファイルをAll Files(*.*)」を選択する「OPEN BIOS」クリックして、先ほどATIFlashTool保存した元BIOSを読み込む「ONE CLICK TIMING PATCH」をクリックDo you want Good Micron Timing? → 「はい」を選択「SAVE AS」をクリックして別名で保存する(必ず元BIOSと違う名前で保存しよう)書き換えたBIOSを適応する手順は下記の通り再びATIFlashToolを起動する「イメージの読み込み」クリックして、書き換えたBIOSを読み込むプログラムボタンを押し、グラボのBIOSを書き換える再起動するかポップアップが出るが「いいえ」を選択する(ここで再起動はしない)AMD Pixel Patcherをでグラボにパッチを適用する下記のURLから「atikmdag-patcher-1.4.6.zip 」ファイルをダウンロードして解凍するhttps://www.monitortests.com/forum/Thread-AMD-ATI-Pixel-Clock-Patcheratikmdag-patcher.exeをクリックして起動する「OK」を選択してパッチを適用するこれをしないとグラボが認識しない状態に陥る万が一グラボが認識しない場合はAMD Pixel Patcher使って再起動する手順を繰り返すと良い。モグラは二回目でグラボが認識したぞパッチが適用されているとこの様な表示になるRadeon RX 570/580オーバークロック設定Wattmanでマイニング環境を最適化する設定値は甘めでこんな感じに設定した。Wattmanの使い方はこちらの記事で説明しているRadeon RX 570/580 のハッシュレートと利益はいくら?Radeon RX 570の場合、CryptoNightV8のハッシュレートが408H/sから592H/sまで上がった。めちゃくちゃ詰めると700H/sぐらい行くらしいよ利益は・・・・雀の涙・・以下です。BIOSの書き換えが上手くいかない時は?ドライバを削除してから最新のドライバを入れるDDU(Display Driver Uninstaller)は、NVIDIA、AMDのグラフィックドライバを削除できる便利なソフトで上手くいかないときは取り敢えずこれを使えば良いと思う。DDUを使ってドライバーを削除してから最新のドライバーをインストールするhttps://www.wagnardsoft.com/forums/viewtopic.php?f=5&t=1316上記URLの「Official Download Here」からダウンロード可能AMD最新のドライバーhttps://www.amd.com/ja/support自分のグラボを選択してダウンロードしようRadeon RX 570/580 とHiveOSでマイニングする方法準備中

HiveOSのマイニング設定方法を完全解説(しかも3リグまで無料!)

昼寝して、目覚めてみたら+20万あると思います。(RVN爆上げ祭りじゃぁ!!)ここ数日は絶好調の電脳モグラです。RVNの調子がすこぶる良いので、やる気もアップしています。今回はHiveOSの設定導入方法を記事化しました。モグラはHiveOSで2台のリグを管理していますが今のところタダで利用できています。なんと、HiveOSは3リグまで無料で利用できるのです!(かなり太っ腹)HiveOSを導入するきっかけになったのはマイニング暖炉です。マイニング暖炉を管理するために毎回、マイニング部屋からモニターを持ってきて接続していたのですが、これがかなり面倒・・・HiveOSを導入することで、マイニングに関する全ての設定管理を遠隔操作することが出来るようになります。一番オススメのマイニングOSです。消費電力、オーバークロック、ハッシュレートもGPU、リグ単位で確認管理出来るし再起動、シャットダウンも遠隔で可能グラフでも監視できるのだ!しかも1リグなら無料!目次HiveOSとは?導入メリットは?HiveOSの特徴HiveOSの価格HiveOSのユーザー登録HiveOSの入手方法(ダウンロード&インストール編)HiveOSをマイニングPCにセットアップHiveOSが起動しない→BIOS画面が表示される場合HiveOSのクライアント認証設定HiveOSでRVNをマイニングする方法HiveOSのオーバークロック設定HiveOSとethOSとWindowsOSの比較HiveOSとは?導入メリットは?一言で言うと、マイニング専用のOSだねLinuxベースなのでそこはethOSと同じだけど、HiveOSはethOSよりもUI(見た目)が作り込まれているので非常に使いやすいです。設定も直感で出来ました。しかも、リグ3台目までなら無料で使用することができます。HiveOSの特徴HiveOSの特徴をまとめました。WindowsOSは要らないマイニングの設定管理(オーバークロック、再起動)を全てブラウザから管理出来るOhgodanETHの設定もブラウザから簡単に可能大量のリグを管理するのに適しているマイニング専用OSマイニング専用OSなので安定稼働マイニングする仮想通貨を簡単に変更する事が出来る(GPUマイニング)ASIC管理も出来るファーム単位で管理もできる大規模マイニングファームにも適しているのでかなり良いです!HiveOSの価格HiveOSはリグ3台まで無料で使用することが出来ます。4台目~は毎月料金がかかります。GPUリグASIC4台目~月3ドル2ドルhttps://hiveos.farm/pricing/HiveOSのユーザー登録まずこちらをクリックしてユーザー登録をしよう画面上部にあるSign inリンクをクリックしてユーザー登録ページへ遷移する。日本語化されているので、凄く良い必要事項を入力して登録ボタンをクリックしようプロモーションコードにdennoumoguraと入力すると10ドルチャージされるよHiveOSの入手方法(ダウンロード&インストール編)こちらからHiveOSイメージをダウンロードしよう画面上部にあるInstallリンクをクリックしてダウンロードページへ遷移する。Stable Download*.zip(安定板)をダウンロードするダウンロード後はファイルを解凍して下さい。HDD Row Copy Toolをダウンロード次はUSBに書き込むソフトをダウンロードするhttp://hddguru.com/software/HDD-Raw-Copy-Toolダウンロードリンクはページの下の方にある。USBの用意8GB以上USBを用意しよう、他の用途で使っていたUSBをしようする場合は必ずフォーマットしてねモグラはこのUSBを使っている【Amazon.co.jp限定】Transcend USBメモリ 16GB USB3.1 & USB 3.0 スライド式 ブラック TS16GJF790KPE (FFP)posted with カエレバ トランセンド・ジャパン 2016-03-04 Amazonで探す問題なく使用出来たので、検証済みUSBとしようHiveOSイメージをインストール事前に解凍しておいたHiveOSを選択する選択後にContinueをクリックする次にインストールするUSBを選択する選択後にContinueをクリックするスタートをクリックすると書き込みが始まる書き込みが終わると100% completeと出るその後「フォーマットする必要があります。」と表示されるのでキャンセルをクリックする以上でHiveOSのインストールは完了です。HiveOSをマイニングPCにセットアップHiveOSをマイニングPCにセットアップしましょうWindowsOSを使っていた場合は、マイニングPCからSSDを取り外しましょう(この作業は電源を切っている状態で作業して下さい。)USBを接続マイニングPCを起動手順はこれだけです。HiveOSは起動したでしょうか?起動した人はラッキーです。起動しなくてBIOS画面が表示される方・・モグラと同じ状態です。HiveOSが起動しない→BIOS画面が表示される場合BIOS設定をUSBブート設定にする必要があるぞここをこうじゃAdvanced Modeを選択Bootを選択CSM(Compatibillty Support Module)を選択Launch CSMをEnabledに変更F10ボタンを押して保存&再起動その後は・・無事、起動するぞ!HiveOSのクライアント認証設定ここまで来ればもう少しHiveOSをインストールしたマイニングPCを自分のアカウントに紐付けるだけだ。ウォレットの登録まずは、ウォレットを追加しよう例えば、RVNをマイニングしたい場合は事前にRVNのウォレットを登録する必要があるよマイニングする予定のウォレットを全部登録しておいた方が、後々楽だよウォレットの登録手順は下記の通りマイニングしたい仮想通貨を選択選択した仮想通貨のウォレットを登録名前は自分のわかりやすい名前を入力すればいいよ モグラはcrypto-bridgeのウォレットを使っているからcrypto-bridgeってそのまま入力している作成ボタンを押して登録完了ワーカーの登録ファームを選択後に画面上部のプラスボタンを押して「ワーカーを追加」を選択するリグの名前を入力する名前しか入力しなかったけど、大丈夫だった。追加ボタンをクリックマイニングPCをHiveOSアカウントへ認証するマイニングPCにHiveOSが入ったUSBを指して起動すると下記の画面が表示されるここに先ほど作ったワーカーのIDとPASSを入力すれば認証完了だ。IDを入力PASSを入力yを押すIPとPASSはここに表示されているRIG_ID: xxxxxxxx RIG_PASSWORD: xxxxxxxxx入力するのはxxxxxxxxの部分だけでOKHiveOSでRVNをマイニングする方法マイニングしたい仮想通貨の設定はフライトシートという項目で設定を行う設定はこんな感じ手順は下記の通りマイニングしたい仮想通貨を選択選択した仮想通貨のウォレットを登録マイニングプールを選択マイニングソフトを選択ワーカーの設定をリグへ設定する設定が終わったら右側のロケットボタンをクリックする。するとマイニングPCへの同期が行われて、設定が反映されるHiveOSのオーバークロック設定最後はオーバークロック設定です。ここで設定する数値は実際に使用する数値を入力する必要があります。例えば消費電力をアフターバーナーのPL70に設定したい場合は70と入力してはいけません。アフターバーナーでPL70に設定した時の消費電力を入力する必要があります。モグラの場合は180wぐらいだったので180と入力しました。0と入力した場合は設定していないデフォルトの状態となるらしいです。ワーカー設定をリグに反映するロケットボタンを押すだけだ。これでマイニング設定が反映される。HiveOSとethOSとWindowsOSの比較あらゆる面でHiveOSの圧勝です。なぜこれが日本で普及していないのか謎・・・HiveOSはめちゃくちゃ使いやすい(これはお金払ってもいいレベルだね) 詳しくは下記の記事でHiveOS1週間使ってみた感想は?他のOSと比較してみた

Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その2 (2018年9月)

いやー ほんとに利益出ないですね。最初に購入した頃は天使のように思えたZ9 miniですが、思った収益が出ないですよねーまぁ、ある程度想定内ですが。しかしこの機種にはオーバークロックという手があるー!あきらめないで少しでも稼ぎましょー。1stバッチのオーバークロック方法は超簡単でしたね。まだ「その1」を読んでないひとは、先にこっちの記事を見てね↓Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その1 (2018年9月)2ndバッチのオーバークロック2ndバッチというのは、価格が850ドルになってからのもので、主に8月中旬以降から届きだしたのんです。明確に定義されているわけではないけど、だいたいそんな感じで認識されています。うちの2ndバッチのファイルシステムバージョンは8/12付けになっています。1stバッチでは、コンフィグのアドバンスセッティング画面でオーバークロックできましたが、2ndバッチでは出来なくなっています。これはハードウェアの仕様が違うからだと思われます(その1参照)。でも出来ない訳ではなくって、2つのやり方があるようです。一つ目は比較的簡単な方法。以下、ブラウザはGoogle Chromeを使っています(持ってない人は入手しましょう)。Miner ConfigurationのタブからAdvanced Settingsを選び、Frequencyの右の四角い窓(Balanceと記載があります)を右クリックします。そして一番下の「検証」をクリックすると検証モードが右側に表示されます。右側にWebページの要素が表示されますので、ハイライトされている行あたりの左端の▲をクリックして展開します。すると、<option value="500"> Balance </option>という行が出てきます。ここの500というのがデフォルトのfrequency設定になります。で、500の数字をダブルクリックして650(オーバークロックしたい数値)などに変更します。(650を超える数値の入力は、エラーが起こるので控えましょう)そしてSave & Applyを押して保存すると出来上がり。すると、Z9 miniが轟音をたててリスタートしますので、しばらくしてからMiner StatusのタブをクリックしてFrequencyを確認しましょう。この数値が設定した数値になっていれば成功。ただ、2ndバッチの個体でも、この手が通用するものとしないのがあるようです。もし500のままだったら、次の手を講じます。コンフィグファイルを書き換えるんです。ただ、このやり方には問題が・・・・・オーバークロックに成功した個体からコンフィグファイルをバックアップして保存しておく必要があります。そして、そのファイルをアップロードします。SystemタブのUpgradeを選択すると、バックアップやアップロードできる画面になります。まずオーバークロック済の個体でGenerate archiveを押してファイルをローカルPCにバックアップします。次にオーバークロックしたい個体で同じ画面を開き、Restore Backup のファイルを選択をクリックして先ほど保存したファイルを選択、Upload archiveを押します。その後、先ほどと同じように、advanced settingsのfrequency窓を右クリックして「検証」、値を650などに変更してSave & Applyすると出来上がり。で、何が問題か・・・・はい、コンフィグファイル入手できなかったらどうすんねんと。。。。その場合は誰かにもらってください。ちなみに私は1stバッチの個体からバックアップファイルを作成しました。誰からももらえなかったら、次の手段(3rdバッチ用手段)を検討しましょう。3rdバッチは、ほぼ無理っす3rdバッチとはなんじゃらほい? 一部の人たちが勝ってにそう呼んでいるだけかもしれないが、なんとなく「オーバークロック対策した個体」のことを言っているようです。このような個体のファイルシステムバージョンは8月下旬以降の日付になっています。私のは、たしか8/30だったような気がします。この個体では、右クリックもコンフィグファイル上書きも通用せず、どこをどういじっても500のまま、変更できませんでした。方法はひとつ(私の知る限りですが.....狭いって?)。ファームウェアを書き換えます。そうオーバークロック可能なファームウェアを入手しないとダメなんです。ちなみに、BITMAIN公式HPにあるのはガチガチに対策済の最新ファームウェアです。いま公式HPに掲載されているのを確認しましたところ、8/31付けファームウェアのみでした。5/26付けのファームウェア消すなよー、ケチ。じゃーどこで入手するんじゃい! となりますが、誰か持っている人で親切な人を探すしかありません。世界に目を向けましょう!そう。このひと↓にメールすればくれるんですって。1stバッチのファームウェア。実は、私もこのひとに貰いました! えへへ (ファイル容量12メガです)さて、ファームウェアさえ入手できればこっちのもの。あとは、Systemタブ→Upgrade→Image横のファイルを選択から、入手したファイルを指定してFlash imageをポチると出来上がり。これであなたの3rdバッチ君も1stバッチと同じように、frequencyをプルダウンで選ぶ事ができます。ただし、ハードウェアの仕様は1stバッチにかないませんので、間違っても750Mなどに設定しないでください。最高でも650Mまでにしておくように!ハードの違いはその1を見てくださいね。いじょ。

Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その1 (2018年9月)

どんぶらこ、どんぶらこどんぶり勘定じゃないとやってられない今日この頃。さて、先日私の家に5台目のZ9 miniがやってきました。少しずつ買い足していったので、いわゆる1stロットもあるし2ndロットも、3rdロットも揃っています。さぁさぁいらはい、いらはい。ちなみに、もう1台オーストラリアのBest Miner Shopというサイトでも注文しましたがこちら詐欺サイトだったようで、結局商品は届きませんでした。皆さん、購入する際は事前によく調べましょうね。これ↓うちのZ9 miniです。左下から入手順に、零号機、初号機、壱号機、弐号機、参号機、4号機と並んでいます。非常にうるさいです。電源はATX電源 x 2台(下記)、サーバー用電源  x 1台を使用中 ATX電源1:Corsair RM1000x 80PLUS GOLDATX電源2:Corsair HX1000i 80PLUS PLATINUMどちらも1000Wで、Z9 mini2台までつなげられます。尚、ATX電源は単独ではスイッチでオン/オフできないので、ATX電源検証ボード (KM-02B)を電源に繋げました。さてさて肝心のオーバークロックですが、巷では情報が錯綜しており出来るだの出来ないだのやっぱり無理だのドンクのパンは意外とおいしいだの噂が飛び交っておりまふ。どうもZ9 miniには幾つかの仕様が存在するらしく、これが話をややこしくしているようです。*えと、これより以下は「ロット」ではなく「バッチ」と表現します。 ロットとバッチは同じ意味だと思っていただいて結構ですヨ。 製造業などでは明確にこの2つの言葉を使い分けていますが、 あまり気にせず、世間様の表現に合わせて今回は「バッチ」で統一します。1stバッチは他と明確に区別できる1stバッチとは、5月頃まで約2,000ドルで販売されていたZ9 miniの事です。その後、6月になると半額以下の850ドルまで値下げされました。これがいわゆる2ndバッチといわれるやつです。1stバッチはコンフィグ画面で誰でも750Mまで設定変更が可能でした。デフォルトが500Mなので、+50%もオーバークロックできるという訳です。ところが、2ndバッチは設定を変更できなくなっていました。ファームウェアが書き換えられている為です。。。むむむ。。。BITMAINはなぜ書き換えたのだろうか? ①BITMAINが意地悪している?、②ハードウェア仕様が変わったから?、う~ん、はい。どちらも正解!!こちらの写真見てみてください、左の基盤が1stバッチで右が2ndバッチす。左の基盤にはチップが6個、右には4個。この違いが、オーバークロック耐性とASIC価格に影響してるようです。*画像はCrypto Miner UKさんのブログより画像を引用しました。2ndバッチ以降の個体は「無理くりオーバークロックしても650Mが限界」と言われています。これってハードウェアの仕様によるものだったんですね。では以上をふまえ、オーバークロックのやりかたを説明しまふ(知ってる範囲で・・)オーバークロック その1まず、1stバッチの説明です。1stバッチの見分け方:5/26付けのファームウェアが載っています。このバッチをお持ちの方、オーバークロックは超簡単。Miner ConfigurationタブからAdvanced Settingsをクリック、Frequencyをプルダウンして選択します。そして右下のSave & Applyを押して完了!1stバッチは700Mでも問題なく動いちゃいます。(ちょっとうるさいのと、温度に注意が必要です)次に2ndバッチですが・・・記事が長くなってきたのと疲れてきたのでここらで一旦終了~その2へ続く。

RVNの最新マイニングソフトz-enemy 1.18を導入

ICO is deadSTO(Security Token Offering) is coming留学経験はあるけど、ろくに喋れないだってモグラだものどうも電脳モグラです。RVNの新しいマイナーが出たので早速入れ替えてみたよRVNの最新マイニングソフトz-enemy 1.18性能は10-15%ぐらいアップするらしいけど、モグラはあまり実感できなかった。まずは下記のサイトからz-enemy 1.18 Windows CUDA 9.2 64-bitをダウンロードしようhttps://coinguides.org/enemy-1-18/バッチファイルの作成ダウンロード後は解凍して、バッチファイルを作ろう@echo off :start z-enemy -a x16r -o stratum+tcp://ravenminer.com:3636 -u RVNのウォレットアドレス -p d=16 -i 20 goto start作成後は拡張子を.cmdに変更すれば完了だ。X16Rは複数のアルゴリズムパックだからアルゴリズムによっては10-15%の性能アップになるのかもしれない。X16Rアルゴリズムの最適なオーバークロック設定ロシア人のサイトに書いてあった。正直あんまり変わらないかもGPUハッシュレート CCMCGTX 1060 3G 7 Mh/s150500GTX 1070 16.3 Mh/s100500GTX 1070Ti 13.2 Mh/s150500GTX 1080Ti 18 Mh/s100500STOについて勉強しよう!ICOは結局サブプライムみたいになっちゃったね

Windows Defenderのリアルタイムスキャンを完全に無効化する方法(.exeファイルがありませんエラー)

気がついたら、マイニングソフトが勝手に削除されている切ったはずのリアルタイムスキャンが勝手にオンになっている・・そんな状態になっていしまった方におすすめの対処方法を伝授します。この方法はマイニングPCのみにおすすめで、普段使っている作業用のPCにはおすすめしません!リアルタイムスキャンを完全に無効化するやり方通常の設定ではWindows Defenderを「オフ」にしても、しばらくすると自動的に「オン」になってしまいます。この状態になるとマイニングソフトである.exeファイルが消えてしまいマイニング出来ない状態となってしまうのです。Windows Defender をレジストリを編集することで、Windows Defenderを完全に無効化する事が可能です。レジストリ エディターを起動するツールバーの一番左にある「Windows」マークを右クリックメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリック「regedit」と入力して「OK」をクリックします。レジストリの編集レジストリエディタの左側メニューのアイコンを下記の順でクリックする「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Policies」→「Policies Microsoft」Windows Defenderを右クリックして、サブメニューを開く「編集」→「新規」→「DWORD(32ビット)」をクリックし、新規に「DWORD値」を作成する新規に作成した「DWORD値」の名前を「DisableAntiSpyware」に変更する名前を変更した 「DisableAntiSpyware」を右クリックして「修正」をクリック値のデーターを「1」に変更する再起動して保存パソコンを再起動して設定情報を保存します。これで、Windows Defenderを完全に無効化する事が可能だ。リアルタイムスキャンが勝手にオンになることもない!Windows Defenderを元の状態に戻す方法「Windows Defender」を元の状態に戻すにはファイルを削除して再起動すればOK

AntminerのASICがハッシュレート0になって赤いランプが点滅するエラー

どーも電脳モグラです。Antminerのハッシュレートが0になってしまう現象あーりませんか?モグラは第二ロッドの設定途中でこの現象に出会いました。ランプが赤く点滅する、管理画面で×××××と表示されるこれは単純にオーバークロックのしすぎです。取り敢えずオーバークロック設定を下げましょうAntminer Z9 miniの第二ロッドってオーバークロック耐性が下がっていない?第一ロッドと同じ設定じゃ二台ともダメだったよ単なる個体差かな?みんなはどうだった?