ASIC(INNO SILICON D9)でDecredのマイニング収益

ASICでのマイニングについて稼働状況を簡単にまとめてみました。今年に入って、様々なアルゴリズムのASICが各メーカーより発売されていてその中でDecredを掘るASIC「INNOSILICON D9 Decredmaster」を購入しました。公式からASICを購入メーカー:INNO SILICONマシン名:D9 DecredMasterマイニングするコイン:Decred(Blake256R14)ハッシュレート:2.4TH(アップデート前は2.1TH)消費電力:1000w価格:6300 USDINNOの公式から購入。USDで払うかBTCで払うか。早くて簡単だからBTCで払ったけど、USD以上の価格になってしまった。4/19の時点で、0.99473800 BTCの送金。当時の相場で86万円。面倒だけど、USD払いしたほうがよかったよね。しかも、BTC支払いした後にトランザクションIDをメールで送らなきゃいけなくて、ややこしい。さらに忘れちゃいけないのが税金。Fedexから、6万円くらい請求来たよ。結局、購入費は92万!!!めちゃ高い。届いたASIC届くのかびくびくしながら待ってたけど、ちゃんと届いた~。4月30日から順次発送で、5月3日に届いた。まあでも、絶対もっと早く安く手に入れてるひともいるよね。電源はセットで付いてくる(購入時に100Vか200Vか選べる)けど、電源ケーブルだけは自分で用意しなきゃいけない。アマゾンとかで買える。消費電力が1000wくらいあるから、念のため10A以上の電源ケーブルが良いかな。各ケーブルをつないで、IPアドレス検索(baikal monitorとかも使える)して、プール設定して、マイニングスタート☆DecredのマイニングDecredのコインについては、ググって検索するとして。要は、このマシンで利益を確保できるかに尽きます。(笑)このマシンは当りかはずれか!高性能なマシンが発表されて、「1日300ドル掘れる~~」「50日で回収だー」とか言ってても、まあそんなわけない。自分の手元に届く時を同じくして、全世界の人々がマシンのスイッチを入れ出し、ネットワークハッシュレートが上昇、ディフィカルティが上昇、そして収益が減少。これはもうしょうがない。D9だって最初は300ドルの収益予想があったんだから。CoinMineっていうプールに繋げて、マイニング。5/4から5/28までの採掘量をまとめてみる。ちょっと見にくいけど、こんな感じ。(自分でも、もっときれいにグラフ作れよって思う)ネットワークハッシュレートは採掘難易度に相当する。5/4のネットハッシュは4000TH/sそれが1か月もたたないうちに14000TH/sを超えてきた。なんてことだっ(笑)すさまじいASICパワー当然、ネットハッシュ(難易度)が上昇した分、採掘量は減る。ちなみに、詳しいDecredのステータスはここで見れる。https://dcrstats.com/pow最初は1日で1.8DCR掘れてたのが、今となっちゃ0.6DCR。難易度3倍になったら、収益は1/3になったってわけだ~。すご~い減ったね!大体DCRの相場は1万前後を行き来してるから、1万8000円だったのが、6000円の収益だよ。めっちゃ掘れるーーーっていうのもつかの間だったんだ。つらぴよ。この26日間で掘れたのは、27DCR弱。平均して1日あたり1DCR、日当1万円。1台のマシンで1日1万円稼ぐのはすごいけど、その分高価なマシンだからなあ。電気代は引いてないけど、1000wの消費電力だと単価30円で720円。15円で360円ってところ。そして問題はここから。マイニングはマシンの初期投資を回収して、初めて利益がうまれる。いつになったら回収できるのかってとこ。超簡単に予測してみた。もちろんこの通りにはいかないだろうけど、こんな感じ。ネットワークのハッシュレート、ブロック生成スピード、ブロック報酬、D9のハッシュレートから算出。5/2~16日にかけてのハッシュレートの上昇が、1日当たり280THこのスピード感で行くと8月には30000THを超えてしまう。採掘量は、0.2DCR。ひえ~~~3か月後で1日2000円ならいいじゃん!でも、そんなことでもないと思うんだ。だって、8/2(稼働後3か月間)の時点での採掘量の合計は57DCR。相場が1万として57万円。その後も、ハッシュレートが上がり続ければ回収は遠のくばかり。やってらんねーぜ(涙)まあ、ハッシュレートの上昇が落ち着いて、頭打ちになれば回収は見込めるが、正直いつになるかはわからない。思うことは色々あるが、マシンを買ってやると決めた以上、継続してマシンを回すしかない。よね。仮想通貨の未来を信じてマイニングを続けるわけだけど、相場の期待のみに身をゆだねるのも、いかがなものかと思うこともある。GPUにしろASICにしろ、マシンのチョイス、掘るコイン、マシンの仕入れ値、電気代など、微々たるものでも工夫できるところを探さないとな~~。GMOから7nmのASICも発売される予定。ビジネスとしてのマイニングは、いずれは淘汰されていくのかわからないけど、仮想通貨、マイニングの行き着く先を見てみたい。

カミヤのマイニングマシン

“マイニング”始めましたはじめまして、カミヤと申します。「ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーン、新しい時代来てる?」「マイニング?機械が24時間365日お金を生んでくれるっていいね!」と思ったところからマイニングに興味を持ちました。とりあえず、「マイニング」とググったのが2018年1月中旬。2月初旬にGPUやその他パーツをそろえて、少しずつマイニング環境を整えています。マイニング環境〈rig001〉※勝手に名前をつけています。OS:Windows10 HomeMicrosoft Windows10 Home Premium 64bit 日本語 DSP版|DVD LCP(紙パッケージ)+USB増設PCIカードUSB2.0マザーボード:BIOSTAR H110M-BTCBIOSTAR LGA 1151対応 intel H110 チップセット搭載 MicroATX マザーボード H110M-BTCCPU:Intel Celeron G3900 2.8GHzIntel CPU Celeron G3900 2.8GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド LGA1151 BX80662G3900 【BOX】ストレージ:KingFast 120GBSSDKingFast 120G 内蔵SSD 2.5インチ 3D TLC NAND /SATA3 6Gbps SSD 3年保証 (F6 PRO-120G)メモリ:シリコンパワーデスクトップ用PCメモリ DDR4-2133シリコンパワー デスクトップPC用メモリ DDR4-2133(PC4-17000) 4GB×1枚 288Pin 1.2V CL15 永久保証 SP004GBLFU213N02ライザーカード:N.ORANIE USB3.0 PCI-E ExpressPCI-E 1X to16XN.ORANIE USB 3.0 PCI-E Express PCI-E 1X to 16X ライザー エクステンダーカード USB 3.0 PCI-E Express 拡張子ケーブル ビットコイン採掘 マイニング 4pin 6Pin PCI-E 6個セット電源ユニット:CORSAIR HXi Series HX1000iCorsair HX1000i 80PLUS PLATINUM 1000W PC 電源ユニット PS544 CP-9020074-JPGPU:GALAXY P104-100 × 6枚オーバークロック:PL 68% Coreclock +130 Memoryclock +855〈rig002〉OS:Windows10 Homeマザーボード:BIOSTAR TB250-BTC+CPU:Intel Celeron G3900 2.8GHzストレージ:KingFast 120GBSSDメモリ:シリコンパワーデスクトップ用PCメモリ DDR4-2133ライザーカード:N.ORANIE USB3.0 PCI-E ExpressPCI-E 1X to16X電源ユニット:CORSAIR HXi Series HX1000iGPU:GALAXY P104-100 × 6枚オーバークロック:PL 68% Coreclock +130 Memoryclock +855マイニング状況合計ハッシュレート:470~480MH(イーサリアム)プール:ethermine,NiceHash収益:0.03ETH/day 程度マイニングは奥が深く、勉強と試行錯誤の毎日です。マイニングをやることで、仮想通貨やブロックチェーンに触れられるのは面白い。ガンガン掘って100ビットコインくらい欲しいな~。(笑)記事を通してみなさんと情報の共有、意見交換ができ、マイニングのスキルを上げていきたいと考えています。

該当する記事はありません

該当するユーザーはいません

記事に関するタグ

該当するタグはありません

ユーザーに関するタグ

該当するタグはありません

該当するスポットはありません