爆発的可能性を秘めたレイヴンコイン(RVN)とは?特徴を詳しく解説

つい最近、バイナンス(BINANCE)に上場したレイヴンコイン(RVN)についてまとめました。レイヴンコイン(RVN)は爆発的な可能性を秘めた仮想通貨です。目次レイヴンコイン(RVN)とは?レイヴンコイン(RVN)の基本情報レイヴンコイン(RVN)のチャートレイヴンコイン(RVN)はどう機能するか?レイヴンコイン(RVN)とビットコイン(BTC)の 違いレイヴンコイン(RVN)のトークンとは?レイヴンコインチームと進行状況レイヴンコイン(RVN)のマイニング方法レイヴンコイン(RVN)の競合レイヴンコイン(RVN)を購入出来る取引所レイヴンコイン(RVN)を保有する場所レイヴンコイン(RVN)のまとめレイヴンコイン(RVN)とは?レイヴンコインとは、資産の作成とピアツーピア転送に特化したブロックチェーンです。モネロがプライバシーを特徴とするように、レイヴンコインは資産移動を特徴としています。 ビットコインやイーサリアムなどの他のブロックチェーンを介して資産を交換することは可能ですが、それは本来の目的ではありません。また専門外のことは、資産移動固有の問題にもつながります。レイヴンコインを使用することで、現実世界(ゴールド、土地など)やデジタル(ゲームアイテム、ソフトウェアライセンスなど)の資産を、ネットワーク上で作成してそれにより取引することができます。レイヴンコイン(RVN)の基本情報レイヴンコイン(RVN)の基本情報は下記の通りです。非常に活発に開発されています。RVNの評価できる4つのなし創業者報酬:なし ICO:なし マスターノード:なし エアドロップ:なし     スキャムにコインにありがちな特徴が全くありません。通貨名レイヴンコイン(RVN)最大発行枚数210億枚アルゴリズムX16R(ASIC耐性)マイニング報酬5000 RVN半減期4年 時価総額ランク68 位/1560 位公開日2018年03/11公式サイトhttps://ravencoin.orgホワイトペーパーhttps://www.ravencoin.org/Ravencoin.pdfTwitterhttps://twitter.com/RavencoinMediumhttps://medium.com/@ravencoin/ravencoin-4683cd00f83cGitHubhttps://github.com/RavenProject/RavencoinDiscordhttps://discordapp.com/invite/jn6uhurレイヴンコイン(RVN)のチャートhttps://coinmarketcap.com/ja/currencies/ravencoinバイナンス(BINANCE)へ上場後に最高値を更新しています。レイヴンコイン(RVN)はどう機能するか?レイヴンコインはビットコインのフォークであるため、ビットコインのUTXOモデルを使用します。しかし詳しい内容の前に、まず現在のブロックチェーン資産ソリューションに限界がある理由を説明します。既存仮想通貨の限界資産をブロックチェーンに置くことは新しいことではありません。2014年以来、ビットコイン上にあるカウンターパーティーが選ばれてきました。例をいくつか挙げるとERC20、ERC721、およびERC223のような、イーサリアムを使用するトークン標準が多いです。これらの親ブロックチェーンに資産を置くことでセキュリティは向上しますが、大きな欠点があります。例えばカウンターパーティーでは、資産は標準のビットコイントランザクションに接続されます。資産を交換するには、関連するトランザクションの基本通貨(すなわちビットコイン)を大量に使います。ネットワーク料金が高い場合、その交換にコストがかかります。さらにこれらのネットワークは、資産移動で発生する一般的な問題を保護していません。イーサリアムを見てみましょう:ERC20のような特定のトークンタイプを知らないうちに使用します。もしそのトークンを間違った取引所や特定の財布に送ると、原資産が破棄される可能性があります。レイヴンコイン(RVN)とビットコイン(BTC)の 違いレイヴンコインはビットコインフォークですが、独自のブロックチェーンで動作します。この2つのネットワークの主な違いは4つあります。 発行スケジュールレイヴンコインのマイニング報酬は5,000 RVNからで、ビットコインは50 BTCからです。 ブロックタイム:レイヴンコインのブロックタイムは1分であり、ビットコインの10分の1です。 コインの供給量総供給は2,100万 BTCに対して、210億RVNです。マイニングアルゴリズム:ビットコインはSHA-256ハッシングアルゴリズムを実行していますが、レイヴンコインはX16Rを使用しています。このアルゴリズムは、ASICマイニングを防止します。 現在の業界における大部分のプロジェクトとは異なり、レイヴンコインはイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施せず、事前採掘なしでスタートし、RVNを創業者プールに保持しません。 資産の作成と転送プロセス資産トークンを作成するには、RVNを書き込んでトークン名を入力します。この名前は単一のものでなければなりません。その後トークンの数、小数点以下の桁数、今後さらに発行するかどうかを設定します。このようなシンプルなトークンは、必要最小限のプラットフォームです。この基礎に加え、レイヴンコインが提供するいくつかの異なるトークンタイプがあります報酬トークンの保有者にRVN報酬を分配することが可能です。これらの報酬の使用事例は、顧客のロイヤルティポイントから企業の配当にまで及びます。レイヴンコイン(RVN)のトークンとは?固有のトークントークンは固有のものであり複製できず、真正性を証明するのに役立ちます。このトークンタイプはクリプトキティーズで人気を博しましたが、その価値はデジタルグッズの範囲を超えて拡大しています。固有のトークンは、所有権の証明が必要な場合に有益です。ソフトウェアのライセンス、美術品の収集、車両登録などは、トークンを使用する資産の例として挙げられます。非資産トークンレイヴンコインには、非資産機能を提供する特殊なトークンもあります。トークンベースのシステムの多くは、アクティブな通信回線が必要です。レイヴンコインのレイヤーではこれらの回線を容易にするために、保持している資産に特別な通信トークンを扱っています。これらの通信トークンは資産にリンクされているため、資産保有者だけがメッセージを受信します。 レイヴンコインは同じ方法で、投票を実施しています。メッセージングシステムを通じてトークン所有者に通知し、投票を開始します。そのメッセージによって、VOTEトークンを配ります。トークン保有者は、投票用のVOTEを受け取ります。レイヴンコインチームと進行状況レイヴンコインには確立されたチームがありません。RavoncoinDev、Tron、Chatturga(ユーザー名の違い)のコア開発者が率いるオープンソースプロジェクトです。ビットコインファンデーションの理事であるBruce Fentonが、チームに助言しています。ビットコインの発売9周年を迎える2018年1月3日に、コア開発者はレイヴンコインを立ち上げました。そしてFentonは立ち上げとともに、ツイートでマイニングの開始を発表しました。オーバーストックのCEOであるPatrick Byrne氏は、同社がチームに数百万ドルの投資をしたと発表し、このプロジェクトは有名になりました。それ以来チームは、資産サポートと報酬能力の中核機能を構築してきました。レイヴンコイン(RVN)のマイニング方法マイニング方法は電脳モグラさんがいくつかまとめてあります。モグラさんの一番おすすめはHiveOSらしいです。理由は「一番簡単で全てブラウザから管理出来る!」とのことでした。3リグまで無料で使える!HiveOSのマイニング設定方法を解説RVN(レイブンコイン)をマイニングする方法を詳しく解説RVNの最新マイニングソフトz-enemy 1.20を導入したらハッシュレート上がったぞレイヴンコイン(RVN)の競合資産のトークン化が普及してしばらく経った今、いくつかのプロジェクトがレイヴンコインと同様の機能を提供しています。前述のように、イーサリアムやウェーブスのようなプラットフォームでトークンを作成することができます。しかしトークン化は、それらのプラットフォームでは焦点となっていません。カウンターパーティーは最も一般的なトークンプラットフォームの1つですが、ビットコインネットワークにつながれています。この接続は相手に応じて、強さにも弱さにもなるでしょう。ワックスやエンジンコインのようなプロジェクトはトークン化されたデジタル資産を提供していますが、オンラインゲーム業界をターゲットにしており、一方ポリマスはセキュリティをターゲットとしているため同じ立場と言えます。 レイヴンコインに最もよく似たプロジェクトはバイトムです。両チームともミッションを調整しており、プラットフォームはエンドユーザーにとってほぼ同じ機能をサポートしています。しかし違いはあります。バイトムはICOを実施し、ネットワーク上でASICマイニングを可能にしました。実際に白書はそれを推奨しています。レイヴンコイン(RVN)を購入出来る取引所レイヴンコイン(RVN)はバイナンス(BINANCE)で購入することが出来ます。上場はつい最近ですが、バイナンスの厳しい上場基準をクリアしたことはかなり期待できます。レイヴンコイン(RVN)を保有する場所RVNをどこに保有するかについては、選択肢がいくつかあります。開発チームはiOSウォレット、デスクトップウォレットとアンドロイドウォレットを提供(https://ravencoin.com/wallet)しています。非常に使いやすいです。さらにポケットレイヴンのオンラインウォレット、ペーパーウォレットジェネレータ(http://ravenpaperwallet.msft.online)を使用することもできます。レイヴンコイン(RVN)のまとめ ほとんどのブロックチェーンプロジェクトは全てを約束しようとしていますが、レイヴンコインはトークン化された資産移動だけを提供しています。そしてこの一点に焦点を当てることは、悪いことではありません。プロジェクトが一度に多くの問題を解決しようとすると、多くの場合には不完全な解決策がたくさん作成されてしまいます。レイヴンコインはそれを避けています。一見終わりない競争の中で新しいプロジェクトとして、レイヴンコインが成功するかどうか予測するのは難しいです。しかしコミュニティが活発で、最も尊敬されているオンライン小売業者の1つから支持されていることは、明るい兆しです。全てのタイプの資産をトークン化に向かう傾向は、はっきりとしています。しかしレイヴンコインがその変化に向かわせるかどうかは、まだ不明です。  

仮想通貨デバイス用のオープンソースシステムBraiins OSとは?

Braiins社は、2013年からスラッシュプールを開発運営してきた会社です。プールとは別にマイニングと仮想通貨業界に関する様々なプロジェクトに取り組んでいます。本記事で紹介していきます。まずはBraiins OSです。目次Braiins OSとはBraiins OSの開発経緯Braiins OSの初回リリースについてBraiins OSとはBraiins OSとは仮想通貨の埋め込み型デバイス用でLinuxベースの初めての完全なオープンソースシステムです。初回リリースではマイニングデバイスを対象としていますが、OpenWrtをベースとして使用すれば、その機能を多方面へ拡張できます。例えばビットコイン・コアとライトニングネットワークソフトウェアを組み込み、バナナパイなどのシングルボードコンピュータ用のイメージを公開して、使用者が独自のビットコインおよびライトニングノードを簡単に実行できるようにしたいと考えています。Braiins OSの開発経緯Braiins社はオープンソースを信頼しています。ハードウェアを所有していれば、「隠された機能」については心配することなく完全にコントロールできるはずです。残念なことに現在のマイニングハードウェアの大半はそうではありません。Braiins社はスラッシュプールの運営期間中、マイニング機器が無益な問題を引き起こし、多くの規格外の動作をするケースを目の当たりにしました。だからこそBraiins社はプールで標準的に予想通りに動作するユーザーと弊社の両方に利益のあるファームウェアを作ると言う結論に至りました。機能面でBraiins OSは、市販のファームウェアとほとんど同じです。ハードウェアとその動作状態を監視し、エラーを処理し、様々なパフォーマンスデータを提供します。機能は今後さらに増えるでしょう。それよりもマイナーがとくに喜ぶような、パフォーマンスの改善も考えている様です。Braiins OSの初回リリースについてBraiins OSの初回リリースには、アントマイナーS9とドラゴンミントT1(ザイリンクスベースのコントロールボードを使用した変種のみ)のイメージが含まれています。T1の場合、オープンソースのビットストリームも使用可能です。Braiins社のS9のイメージは現在、元の市販のビットストリームを使用していますがBraiins社はこの点については研究中とのことです。Braiins OSはアルファ段階にあり、まだ大規模なテストがされていないことに注意してください。現在規模の拡大は推奨されていません。今後似た様なマイニングオープンソースシステムが出てくるかもしれません。

モナコイン (MONA)に対応したDAYUN Zig Z1というASICが出るらしい(Lyra2REv2アルゴリズム)

DAYUN Zig Z1と呼ばれるLyra2REv2アルゴリズムを攻略した初めてのASICが発売される見込みです。目次DAYUN Zig Z1のスペックLyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨DAYUN Zig Z1の収益見通しスキャムの可能性もありDAYUN Zig Z1の利益https://www.jutuilian.com/article-61973-1.htmlDAYUN Zig Z1のスペックDAYUN Zig Z1のスペックは消費電力約1200wで6.8GH/sをのパワーを持つモンスターマシンです。6.8GH/sと言うハッシュパワーを1080Tiで換算すると97枚分という事になります。このLyra2REv2アルゴリズムに対応した28nmベースのASICは、既に約8000-9000ドルの価格帯で販売されているようです。Lyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨Lyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨は下記の通りです。Monacoin(MONA)Vertcoin(VTC)Verge(XVG)Hanacoin(HANA)Straks(STAK)Galactrum(ORE)DAYUN Zig Z1の収益見通し電気代25円で計算した収益の見通しです。MONA採掘量ドル換算収益1時間2枚$2.101日52枚$50.401週間368枚$352.831ヶ月1578枚$1,512.121年19203枚$18,397.45確実に言えるのはLyra2REv2アルゴリズムを採用している仮想通貨のマイニング収益は更に悪化するでしょう。特にGPUマイナーはかなり厳しいかもしれません。しかし、モナコイン (MONA)に関して言えばアルゴリズムを変更しそうな予感がします。その場合はASIC購入者の負けになります。スキャムの可能性もあり不思議なことに、Lyra2REv2アルゴリズムの総ハッシュレートは目に見える変化がありません。これはDAYUN Zig Z1が製造中またはスキャム(詐欺)の可能性もあり得るということです。十分に注意して下さい。DAYUN Zig Z1の利益2018年9月26日追記どうやらDAYUN Zig Z1はスキャムではないらしい「メーカーは生産台数を絞っている」との情報もあったが、中国本土では制限なしで売られているらしい。気になる1日あたりの利益は8,000円程度

GPUマイニングにおすすめのマザーボードランキングトップ3

マイニングにおすすめのマイニングマザーボードをランキング形式でまとめました。第3位 GIGABYTE Intel H110チップセット搭載 マイニングマザーボード GA-H110-D3AGIGABYTE Intel H110チップセット搭載マザーボード GA-H110-D3Aposted with カエレバ Gigabyte 2017-08-04 Amazonで探す価格:8,618円PCIeスロット:1 PCIe 3.0 X 16, 5 PCIe 2.0 X 1 CPUソケット:LGA1151 RAM:DDR4 小型で6つのGPUマイニングリグでは、ギガバイトGA-H110-D3Aマザーボードが我々のお気に入りです。価格も素晴らしくLGA1151 CPUソケットがあるので、リグに適したインテルペンティアムプロセッサーが安く手に入ります。 ギガバイトGA-H110-D3Aは、マイナー初心者や予算が厳しい方に最適なマザーボードです。唯一の欠点はDDR3よりも少し高価なDDR4 RAMが必要なことですが、始めるには簡単に手に入れることが可能な4GBのスティックが必要なだけです。 マイニングリグの構築を初めて考えている人には理想的です。初めてのマイニングリグに必要な部品については、電脳モグラさんの記事をご覧下さい。第2位 ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マイニングマザーボード H110 PRO BTC+ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マザーボード H110 PRO BTC+posted with カエレバ ASROCK 2017-07-07 Amazonで探す価格:7,800円PCIeスロット:1 PCIe 3.0 X 16, 12 PCIe 2.0 X 1 CPUソケット:LGA 1151 RAM:DDR 4 アスロックH110プロBTC+マザーボードには13ものPCIeスロットがあり、中サイズのマイニングリグに最適です。我々は個人的に、RX 580&RX 570のグラフィックスカードを1つ持っています。AmazonでH110プロBTC+を8000円で購入することが可能です。13ものGPUに電力を供給する場合には複数の電源が必要になる可能性がありますが、多数のグラフィックスカードに電力を供給できて少なくとも2本の指に入るPSUを持つこのリグをおすすめします。このボードは、我々には何の問題もありませんでした。理想的な量のPCIeスロットを2つの電源でサポートするため、アスロックのこのボードはすごいです。第1位 ASUS Intel B250搭載 マイニングマザーボード LGA1151対応 B250 MINING EXPERTASUS Intel B250搭載 マザーボード LGA1151対応 B250 MINING EXPERT【ATX】posted with カエレバ Asustek 2017-12-08 Amazonで探す価格:7,890円PCIeスロット:1 PCIe 3.0 X 16, 18 PCIe 2.0 X 1 CPUソケット:LGA 1151 RAM:DDR4エイスースB250マイニングエキスパートには19ものPCIエクスプレススロットがあるため、最大19枚のグラフィックスカードを使用することができます。多くのグラフィックスカードを使用するこのサイズのマザーボードをサポートするには、複数の電源ユニットを搭載して、グラフィックスカードに十分な電力を供給する必要があります。この大規模なマイニングリグを構築するには電源周りに十分に注意して下さい。エイスースB250マイニングエキスパートは、仮想通貨マイニングのNo1マザーボードです2台の大きな1400WのPSUで、19ものRX 570グラフィックスカードを使用することができます。このマザーボードの知られざる利点の1つは、基本ハードウェアへのお金を節約できることです。例えばPCIeスロットの少ない小型のマザーボードを使用して、複数のマイニングリグを構築すれば、初期コストをさらに抑えることができるでしょう。これを考慮すると、アスロックH110とGA-H110-D3Aの両方を購入しすれば19枚のGPUを使用したマイニングリグを構築することもできますが、それでは4000円ほど余分にかかります。またRAM、電源、SSD、CPUも同様に支出が倍増して、さらに2万円程度が総コストに加算されます。大規模な計画があるならこのマイニングマザーボードで始めましょう!このマザーボードの設定方法は下記の記事から一番おすすめ!マイニング専用マザーボードASUS B250 MINING EXPERTのレビューと設定

買いなのか!?Antminer S9-Hydroを開示データから考察する

Antminerが初の水冷式ASICを発表約10日ほど前にビットコイン用の新しいASICが、Bitmainの中国語のウェブサイトに登場しました。そして英語のウェブサイトにも掲載され、この新しいASICの第一ロッドは9月1日から10に出荷、発送されます。発表された価格は745ドルで、ラジエーターと付属品付きでプラス 129ドル、PSUはプラス92ドル、1台あたり合計966ドル(出荷費用や付加価値税は含まない)となります。 出荷や税金を考慮すると、EU圏に住んでいる場合、Antminer S9-Hydroの費用は約1200ユーロになります。 いくつかの仮想通貨関連のウェブサイトでは、この新しいASICを「新たな興味深い追加」または「ゲームチェンジャー」とも呼んでいますが、私には疑問があります。このマイナーにどんな利益を期待できるのでしょうか?Antminer S9-Hydroのスペック 基本スペックハッシュレート18TH/sアルゴリズムSHA256電力使用量1728w電力効率96J / THs騒音レベル25°C で45dBA(最大:58dBA、最小:26dBA)その名の通りS9-Hydroは、基本的にはハッシュボードが追加されたAntminer S9(13.5 TH)で、ハッシュレートをより高めるため消費電力が比例的大きいです。Antminer S9-Hydroはいかなる新技術も搭載していないようです。 冷却システムは、常に新鮮な水を必要とします。交換におけるS9-Hydroのノイズは、近頃のどのBitmainのASICと比べてもかなり小さいです。 Antminer S9-Hydroの収益性収益性については、1日に0.0007BTCまでこのマイナーで得ることができます。これは年に0.25 BTC(現在の難易度で6,727,225.469722.0)という計算になります。電気代が0円で、difficulty(発掘難易度)に変化が無い場合はまともなASICに見えます。もし20円/ KWh(日本の平均の電気代より低い)を支払う場合は1年間で10万円の赤字です。(現在のビットコイン価格80万円で試算)ビットコイン価格別収益予測表ビットコイン価格電気代(KWh)年間電気代利益80万円11円/ KWh約166,702円33,298円80万円15円/ KWh約227,322円-27,322円80万円20円/ KWh約303,096円-10,3096円80万円25円/ KWh約378,870円-178,870円100万円11円/ KWh約166,702円83,298円100万円15円/ KWh約227,322円22,678円100万円20円/ KWh約303,096円-53,096円100万円25円/ KWh約378,870円-128,870円ビットコイン価格が120万円であれば電気代が25円/ KWhでも利益が出そうです。現在マイニング効率が絶えず低下しているため、Antminer S9-Hydro購入費用を回収する可能性はより低くなるでしょう。Antminer S9-Hydroのメリットとデメリットメリット アントマイナーS9に比べてノイズが少ない 2週間以内に出荷開始 短所 初期価格が高い 仮に電気代が無料でも、マイナーが完済できない可能性が高い デメリット初期価格が高い仮に電気代が無料でも、マイナーが完済できない可能性が高い Antminer S9-Hydroは買いなのか?結論 このASICをおすすめしますか?私はおすすめしません。Antminer S9を使えば良いだけで、Antminer S9-Hydroは我々には本当に価値がありません。 ビットメインが新技術(10nmでも7nmでも)に基づく新しいSha-256マイナーを発売予定なので、その前に16nmチップの在庫を空にしようとしているのだと、個人的には思います。CanaanとGMOインターネットはすでに7nmベースのASICを提供しており、Bitmainもそろそろ発表してくる頃合いかと思います。動画もあるよ

世界最大のビットコインマイニングプールがイーサリアム事業を開始

世界最大のビットコインマイニングプールが、シェアを広げる準備中過去12ヶ月間に全BTCの21%を採掘し、現在はビットコインハッシュレートの16%以上を占めているBTC.comは、木曜日にイーサリアムマイニングプールを開設することを発表しました。 当面このプールはイーサリアムとイーサリアムクラシックの両方に対応し、ユーザーは収益のために2つのEthashベースの仮想通貨間を移動可能です。BTC.comのマイニングプールの責任者であるZhuang Zhong氏は、「GHOSTを使用した専用ハッシュの場合、契約コードを実行するごとに課金されてマイナーは報酬を得るため、イーサリアムによって複数のインセンティブ報酬が支給されて、ネットワークのハッシュパワーに変換されます。これらの報酬はFPPSシステムを経由することで、イーサリアムのネットワークの拡大につなげたいと考えています。当社の製品開発と最大報酬の提供を両立することで、12ヶ月でマイニング事業がETHの総ハッシュレートの12%まで伸びると予想しています。」と述べています。BTC.comとビットメインの動きBTC.comとは、ASICマイニングハードウェアの主要メーカーであるビットメインが所有する2つのマイニングプールの1つです。https://coin.dance/blocks/thisweek今年初めビットメインは主に汎用GPUチップでマイニングしていたEthashのマイニングアルゴリズムと、互換性のある初のASICを発売しました。 この発表によってイーサリアムのコミュニティ内で、仮想通貨にASICの耐性の維持が必要か激しい議論が起こりましたが、未だに実現していません。 とくにBTC.comは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)Ethashアルゴリズムによって保護されている現在のコンセンサスモデルを置き換える、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスアルゴリズムであるキャスパーへのイーサリアムの計画的移行の予定はないと述べています。イーサリアムがPoSへの移行を開始する際のBTC.comの計画についてZhuang Zhong氏は、「PoSモードでマイニングプールを管理することはまだ可能です。マイナーがマイニングプールにイーサリアム預金する必要があるので、このようなプールを設計するのはより複雑ですが、我々はPoSマイニングプールを可能にする予算とイーサリアムスマートコントラクトに関しての実務経験が多いです。」とコメントしています。

新グラフィックボードGeForce RTXはマイニング用途としてはイマイチ(今のところは)

NVIDIAは新しいGeForce RTXプラットフォームを採用した、新世代のGPUを発表しました。新しいグラフィックス機能としては面白そうですが、現時点ではマイナーには魅力がなさそうです。GeForce RTXプラットフォームで使用されている新しいNVIDIAチューニングの焦点となるのは、リアルタイムの光線追跡、人工知能、プログラマブルシェーダーであり、ゲームのグラフィックがよりリアルになります。GeForce RTXはマイニングに適しているか?マイニングに関しては、この新しいプラットフォームは明らかに性能や電力効率の大幅な向上にはつながらず、マイナーにとって本当に魅力的なオプションとはならないでしょう。しかし、今後どうなるかはまだ分りません。AIコンピューティングのための新しいテンソルコアが仮想通貨マイニングにも使用可能な場合、マイニングソフトウェアの最適化やマイニングソフトウェアの新しいアプローチ次第でパフォーマンスが劇的に向上する可能性を秘めています。GeForce RTX Founders EditionGTX 1080 Tiの後継機種であるGeForce RTX 2080 Ti、GTX 1080の後継機種であるGeForce RTX 2080、GTX 1070の後継機種であるGeForce RTX 2070など、どれも魅力的ではありません。一部の地域ではNVIDIAのファウンダーズエディションシリーズの初期価格で、NVIDIAのウェブサイトから予約購入可能であり、9月中旬の出荷予定です。ゲーマーがこれらのGPUの1つを購入する分にはいいかもしれませんが、少なくとも現時点ではマイナーにとっては現在の仮想通貨市場の状況や10〜15%の性能改善などを予想すると、あまり魅力的な価格ではありません。当面はRTXでマイニングするより、中古市場に放出されたお値打ちな中古のグラフィックボードを購入する方が賢明です。

GMOの開示データから見るASIC GMO B3の性能を考察

一握りの中国企業がビットコインASICマイニングを独占しようとしている矢先に、日本企業のGMOインターネットがsha-256の次世代ASICマイナーの開発競争に名乗りを上げました。https://gmominer.z.com/ja目次GMO B3マイナーの特徴GMO B3マイナーの電気代についてGMO B3マイナーの自動クロック制御機能についてGMO B3対アントマイナーS9iGMO B3 ASICマイナーを購入する必要があるか?GMO B3のまとめGMO B3マイナーの特徴GMO B3マイナーとは非常にコンパクトなASICで、ユニットあたり毎秒24〜33テラハッシュの数値と推定されています。これは以前のASICには見られなかった、7ナノメートルのチップ技術が使われているためです。例えば現在までで最も効率的で人気のあるsha-256マイナーの1つと考えられるアントマイナーS9は、16ナノメートルの技術を使用しています。GMO B3マイナーにはこの革新的なチップ技術に加えて、スマートパワーとクロックレギュレータも付属されています。マイニングの難易度、消費電力、電力価格を自動的に分析し、最適なマイニング効率のためにクロックを調整します。1999ドル(PSUを含む)で、公式サイトから予約注文できます。発送予定日は2018年の11月です。価格/ハッシュレートの比率は天下一品とまではいきませんが、このGMOマイナーはアントマイナーS9などのライバルとなりそうです。GMO B3マイナーの電気代についてGMO B3マイナーは自動クロック制御機能を備えた毎秒33テラハッシュのASICとPSUを、たったの1999ドルで提供します。このGMO B3マイナーの消費電力は、1950wから3417wまで変化し、毎秒33テラハッシュのマイニング中は高い消費電力を必要とするということです。日本の一般家庭の場合、1kwhあたりの電気使用量は約25円です。これをGMO B3の消費電力に換算するとの月額3,5000円から61,500円の電気代と試算できます。それでは法人契約の高圧・特別高圧の場合はどうでしょうか?大体1kwhあたり12円程度なので、月額1,8000円から31,000円の電気代と試算できます。因みにGMO B3を注文するとPSUもついてきます。GMO B3マイナーの自動クロック制御機能についてGMO B3マイナーは自動クロック制御機能が威力を発揮するのは物凄く短い期間(数日の間に)、ビットコインの価格が100万円から200万円の乱高下をする場合に威力を発揮するでしょう。しかし、ASICは低迷期にマイニングして最高時には投げ売りするものです。自動クロック制御機能は特別な機能ですが、市場優位異性をもたらす程ではありません。GMO B3のROI(高圧受電1kwh12円で試算)1kwh12円で試算した結果が上記の画面です。最新の収益予測は下記のURLから確認出来ます。https://hakaisha.net/comparisons/asicGMO B3対アントマイナーS9iアントマイナーS9iがGMO B3と最も競合しています。アントマイナーS9をもう製造元の公式サイトでは買えないため、正確な比較はできていませんが・・・7ナノメートルの技術があるにも関わらず、GMO B3はS9iほどの利益をあげないことがわかります。電力価格が1kwh辺り25円と考えると、S9iはGMO B3と比較して約80%の期間で元が取れます。電気が安いほどS9iに比べるとGMO B3の方が少し有利になりますが、それほど大きくはありません。たとえ電気が無料でも、S9iの方がGMO B3よりもややROIに優れています。もう一つ気になる点は、アントマイナーS9iの次のバッチは今月発送されますが、GMO B3は11月の発送予定であるということです。ASICが時間との勝負であることを考えるとこれは致命的です。GMO B3 ASICマイナーを購入する必要があるか?B3とアントマイナーを比較すれば、日本のASICは全く進歩していないことがわかります。7ナノメートルのチップは「マイニングに革命を起こす」と仮想通貨のニュースサイトで大きく宣伝されていますが、ドル/テラハッシュの割合は(悪くないとしても)ほぼ同じです。実際一部のビットメインのsha-256 ASICでさえ、GMO B3よりも優れています。GMO B3 ASICを購入するユーザセグメントについて電力が安価か無料の人々です。GMO B3の主な欠点は非常に高い消費電力なので、これを解決すれば大幅にマイナーのパフォーマンスが向上します。たとえそうだとしても、GMO B3よりもアントマイナーA9iの方がわずかに優れています。GMO B3を試してみたいと思っている人々は、ビットメインを信用せず、日本の企業がより高い品質やより良い顧客サービスを提供できると考えている人たちです。ビットメインに対する認識は人それぞれで、会社が詐欺をしていると主張する人もいれば、不平を全く言わない誠実な顧客もいます。 GMO B3のまとめ新しい7ナノメートルのASICの実際の性能に多くの人々は感激しましたが、今のところ16ナノメートルの競合製品に対抗しているわけではありません。おそらくGMO B3のセールスポイントは、このユニットが日本の企業によって開発され、販売されているという点のみでしょう。GMOは7ナノメートルのチップで何ができるのか示すため、ただ少しかじっただけの可能性は非常に高いと言われています。最先端の技術が発展し、その可能性を最大限広げるためには大抵時間がかかるものです。もしそうだとすればGMOなどの企業から、画期的なASICの波が近い将来本当に来るかもしれません。これは現世代のASIC(GMO B3を含む)が、収益性をどれくらいの期間維持できるかという疑問にもつながります。GMOは7ナノメートルのチップが、量産可能だと示しました。これらのチップを最適化し、驚異的な電力効率を達成するのは、もはや時間の問題でしょうか?因みに私は買うつもりも無いですし、タダで貰ってもテストマイニングのみだと思います。

イーサリアムマイニングの減益に伴うAMD製GPUの値下げが始まる

GPUマイニングの流行が終わることは、誰もが予想していました。単に時間の問題でした。あらゆるゲーム用GPUを買い占めた楽観主義者もいれば、需要に伴う部品不足や価格の高騰によって惨めになった一般読者もいました。イーサリアムのマイナーの収益が落ちているという報道が、GPUの価格を下落させる要因になり、現在は元に戻っているようです。イーサリアムの収益と連動するGPUの価格イーサリアムのマイニングは、以前のビットコインの流行とまさに同じような出だしでした。どこか空いている部屋にまともなパソコンを置いて計算を数時間実行しておくだけでお金が稼げると広まっているので、新しい市場で手っ取り早く稼ぎたい人たちにより、メーカーが十分なチップを供給するのに苦労するほどPCコンポーネントの価格が毎日急騰していきました。すでにコンピュータメモリの世界的なシリコン不足は顕著であり、GPUマイニングの流行は全面的にことを悪化させました。しかし、クリプトコンペアの不可解なグラフによると、最近イーサリアムの収益が暴落しています。仮想通貨をマイニングする際には潜在的な収益性に影響する変数が多く、電気料金のようなシンプルなものさえ、天と地ほどの収益の差を生み出す可能性があります。しかし毎時わずか200ワットの消費のときに、24MH/sというかなり平均的なハッシュレートで、イーサリアムのマイニングを行うことはもはや有益ではないと、Reddit user Kardkoach氏は指摘しています。中古市場に出回り始めるGPUそのため仮想通貨のマイナーたちはGPUへたくさん投資したことを急に後悔しているかもしれませんが、このバブル崩壊はシステムをアップグレードしたいゲーマーにとっては良い知らせに過ぎません。再び供給が需要を上回ったことでGPUの価格がここ数ヶ月で大幅に下がり、悪化する前に損失を回収したいマイナーたちは、元々支払った金額よりもはるかに少ない額で古い機器をオフロードすることになるでしょう。マイナーたちに性能が好まれているRM 580のようなAMD GPUは、現在わずか275ドルで入手可能です。PCPartPickerによると4月の時点では、同じものが約440ドルでした。GPUの大規模アップグレードをしたいなら、今がその時のようです。

Canaan Creative(カナン・クリエイティブ)が世界初のマイニング可能なテレビを発表

世界第2位のビットコインマイニングメーカーであるCanaan Creative(カナン・クリエイティブ)は、世界初のビットコインのマイニングを行えるテレビを発表しました。アヴァロンマイニングテレビを販売予定カナン・クリエイティブは、「アヴァロンマイナー・インサイド」という名前のビットコインマイニング機器としても機能する43型テレビを販売する計画を発表しました。世界第2位のマイニング機器メーカーであるカナンは、A3210の16nm ASICチップを搭載したテレビが、毎秒2.8兆ハッシュの処理が可能であることを明らかにしました。カナンはさらに、このアヴァロンマイニングテレビが人工知能によってビットコインマイニングの収益をリアルタイムで計算し、音声操作機能や4K解像度なども備えていると述べています。 またこのテレビはカナン・クリエイティブのプラットフォーム上で、エンターテイメントコンテンツやギフトを購入することができます。カナンは主にこのアヴァロンマイナー・インサイドを、代理店を通じて顧客に販売する予定です。カナンの製品ライン拡大今年の初めに、カナンは香港証券取引所に株式公開を申請しました。その内容によると、2017年の同社の総収入は13億元(約2億ドル)であり、前年比で27倍の増加となっています。同社は2017年に約30万ものアヴァロンマイニング機器を販売し、これは世界のマイニング業界による処理能力の19.5%を占めると報告されています。カナンはその申請時に、製品ラインの拡大を希望すると表明し、「システム製品の単一ラインでの規模と収益性を維持できず、それに加えて新製品を提供できなかった場合、当社の成長にかげりが出るだろう」と述べています。北京のアナリストであるシャオ・レイ氏は、マイニングテレビを「誇大広告のようだ」と主張してこのプロジェクトを却下し、「この業界の企業が既存の主要なテレビブランドに、マイニング機能を組み込むことができれば、より意義があるだろう」と付け加えています。同社は仮想通貨が中心の家電製品の開発を、計画していないことを表明しています。

該当する記事はありません

該当するユーザーはいません

記事に関するタグ

該当するタグはありません

ユーザーに関するタグ

該当するタグはありません

該当するスポットはありません