Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その2 (2018年9月)

いやー ほんとに利益出ないですね。最初に購入した頃は天使のように思えたZ9 miniですが、思った収益が出ないですよねーまぁ、ある程度想定内ですが。しかしこの機種にはオーバークロックという手があるー!あきらめないで少しでも稼ぎましょー。1stバッチのオーバークロック方法は超簡単でしたね。まだ「その1」を読んでないひとは、先にこっちの記事を見てね↓Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その1 (2018年9月)2ndバッチのオーバークロック2ndバッチというのは、価格が850ドルになってからのもので、主に8月中旬以降から届きだしたのんです。明確に定義されているわけではないけど、だいたいそんな感じで認識されています。うちの2ndバッチのファイルシステムバージョンは8/12付けになっています。1stバッチでは、コンフィグのアドバンスセッティング画面でオーバークロックできましたが、2ndバッチでは出来なくなっています。これはハードウェアの仕様が違うからだと思われます(その1参照)。でも出来ない訳ではなくって、2つのやり方があるようです。一つ目は比較的簡単な方法。以下、ブラウザはGoogle Chromeを使っています(持ってない人は入手しましょう)。Miner ConfigurationのタブからAdvanced Settingsを選び、Frequencyの右の四角い窓(Balanceと記載があります)を右クリックします。そして一番下の「検証」をクリックすると検証モードが右側に表示されます。右側にWebページの要素が表示されますので、ハイライトされている行あたりの左端の▲をクリックして展開します。すると、<option value="500"> Balance </option>という行が出てきます。ここの500というのがデフォルトのfrequency設定になります。で、500の数字をダブルクリックして650(オーバークロックしたい数値)などに変更します。(650を超える数値の入力は、エラーが起こるので控えましょう)そしてSave & Applyを押して保存すると出来上がり。すると、Z9 miniが轟音をたててリスタートしますので、しばらくしてからMiner StatusのタブをクリックしてFrequencyを確認しましょう。この数値が設定した数値になっていれば成功。ただ、2ndバッチの個体でも、この手が通用するものとしないのがあるようです。もし500のままだったら、次の手を講じます。コンフィグファイルを書き換えるんです。ただ、このやり方には問題が・・・・・オーバークロックに成功した個体からコンフィグファイルをバックアップして保存しておく必要があります。そして、そのファイルをアップロードします。SystemタブのUpgradeを選択すると、バックアップやアップロードできる画面になります。まずオーバークロック済の個体でGenerate archiveを押してファイルをローカルPCにバックアップします。次にオーバークロックしたい個体で同じ画面を開き、Restore Backup のファイルを選択をクリックして先ほど保存したファイルを選択、Upload archiveを押します。その後、先ほどと同じように、advanced settingsのfrequency窓を右クリックして「検証」、値を650などに変更してSave & Applyすると出来上がり。で、何が問題か・・・・はい、コンフィグファイル入手できなかったらどうすんねんと。。。。その場合は誰かにもらってください。ちなみに私は1stバッチの個体からバックアップファイルを作成しました。誰からももらえなかったら、次の手段(3rdバッチ用手段)を検討しましょう。3rdバッチは、ほぼ無理っす3rdバッチとはなんじゃらほい? 一部の人たちが勝ってにそう呼んでいるだけかもしれないが、なんとなく「オーバークロック対策した個体」のことを言っているようです。このような個体のファイルシステムバージョンは8月下旬以降の日付になっています。私のは、たしか8/30だったような気がします。この個体では、右クリックもコンフィグファイル上書きも通用せず、どこをどういじっても500のまま、変更できませんでした。方法はひとつ(私の知る限りですが.....狭いって?)。ファームウェアを書き換えます。そうオーバークロック可能なファームウェアを入手しないとダメなんです。ちなみに、BITMAIN公式HPにあるのはガチガチに対策済の最新ファームウェアです。いま公式HPに掲載されているのを確認しましたところ、8/31付けファームウェアのみでした。5/26付けのファームウェア消すなよー、ケチ。じゃーどこで入手するんじゃい! となりますが、誰か持っている人で親切な人を探すしかありません。世界に目を向けましょう!そう。このひと↓にメールすればくれるんですって。1stバッチのファームウェア。実は、私もこのひとに貰いました! えへへ (ファイル容量12メガです)さて、ファームウェアさえ入手できればこっちのもの。あとは、Systemタブ→Upgrade→Image横のファイルを選択から、入手したファイルを指定してFlash imageをポチると出来上がり。これであなたの3rdバッチ君も1stバッチと同じように、frequencyをプルダウンで選ぶ事ができます。ただし、ハードウェアの仕様は1stバッチにかないませんので、間違っても750Mなどに設定しないでください。最高でも650Mまでにしておくように!ハードの違いはその1を見てくださいね。いじょ。

Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その1 (2018年9月)

どんぶらこ、どんぶらこどんぶり勘定じゃないとやってられない今日この頃。さて、先日私の家に5台目のZ9 miniがやってきました。少しずつ買い足していったので、いわゆる1stロットもあるし2ndロットも、3rdロットも揃っています。さぁさぁいらはい、いらはい。ちなみに、もう1台オーストラリアのBest Miner Shopというサイトでも注文しましたがこちら詐欺サイトだったようで、結局商品は届きませんでした。皆さん、購入する際は事前によく調べましょうね。これ↓うちのZ9 miniです。左下から入手順に、零号機、初号機、壱号機、弐号機、参号機、4号機と並んでいます。非常にうるさいです。電源はATX電源 x 2台(下記)、サーバー用電源  x 1台を使用中 ATX電源1:Corsair RM1000x 80PLUS GOLDATX電源2:Corsair HX1000i 80PLUS PLATINUMどちらも1000Wで、Z9 mini2台までつなげられます。尚、ATX電源は単独ではスイッチでオン/オフできないので、ATX電源検証ボード (KM-02B)を電源に繋げました。さてさて肝心のオーバークロックですが、巷では情報が錯綜しており出来るだの出来ないだのやっぱり無理だのドンクのパンは意外とおいしいだの噂が飛び交っておりまふ。どうもZ9 miniには幾つかの仕様が存在するらしく、これが話をややこしくしているようです。*えと、これより以下は「ロット」ではなく「バッチ」と表現します。 ロットとバッチは同じ意味だと思っていただいて結構ですヨ。 製造業などでは明確にこの2つの言葉を使い分けていますが、 あまり気にせず、世間様の表現に合わせて今回は「バッチ」で統一します。1stバッチは他と明確に区別できる1stバッチとは、5月頃まで約2,000ドルで販売されていたZ9 miniの事です。その後、6月になると半額以下の850ドルまで値下げされました。これがいわゆる2ndバッチといわれるやつです。1stバッチはコンフィグ画面で誰でも750Mまで設定変更が可能でした。デフォルトが500Mなので、+50%もオーバークロックできるという訳です。ところが、2ndバッチは設定を変更できなくなっていました。ファームウェアが書き換えられている為です。。。むむむ。。。BITMAINはなぜ書き換えたのだろうか? ①BITMAINが意地悪している?、②ハードウェア仕様が変わったから?、う~ん、はい。どちらも正解!!こちらの写真見てみてください、左の基盤が1stバッチで右が2ndバッチす。左の基盤にはチップが6個、右には4個。この違いが、オーバークロック耐性とASIC価格に影響してるようです。*画像はCrypto Miner UKさんのブログより画像を引用しました。2ndバッチ以降の個体は「無理くりオーバークロックしても650Mが限界」と言われています。これってハードウェアの仕様によるものだったんですね。では以上をふまえ、オーバークロックのやりかたを説明しまふ(知ってる範囲で・・)オーバークロック その1まず、1stバッチの説明です。1stバッチの見分け方:5/26付けのファームウェアが載っています。このバッチをお持ちの方、オーバークロックは超簡単。Miner ConfigurationタブからAdvanced Settingsをクリック、Frequencyをプルダウンして選択します。そして右下のSave & Applyを押して完了!1stバッチは700Mでも問題なく動いちゃいます。(ちょっとうるさいのと、温度に注意が必要です)次に2ndバッチですが・・・記事が長くなってきたのと疲れてきたのでここらで一旦終了~その2へ続く。

東京電力から熊本電力へ乗換えました <電気代節約レビュー>

東京だけど、熊本電力!こんにちわ。電気料金のレビューってあまり見かけないので、書いてみる事にします。実は4月に東京電力から熊本電力に乗り換えました。私は東京で暮らしています。ので、電力会社はずーっと東京電力を使用していました。でもマイニングを始めてから電気代が高くなってきて、少しでも安くならないかなーって、考えるようになりました。色々調べてみるとー、いろんな電力会社を選べるではありませんか。乗換えキャンペーンなんかもやってたりしますよね。でもね、敷居が高いんです。それは解約時に違約金が発生するからです。マイニングなんていつ辞めるかわからないのに、解約違約金なんて痛すぎるじゃないですか。そんな時に見つけたのが熊本電力でした。熊本電力とはですね・・・関東ではあまり聞いた事のない電力会社ですが、今年2月にマイニングする企業に国内最安値で電力を供給すると公表して話題になった企業です。ただ、国内最安値といっても、ある特定の企業に対しての供給の事であって、個人向けの電気料金の事ではありません。でもこの公表資料をみて、わたしは、マイニングにとても理解のある会社なんだなーって思いました。最近では、8月からマイニングファームを稼働するなんて報道されていましたね。色々調べてみると、個人向けも地味に安い事が判明。 なぜ地味かって?? 大手のように広告してないからです。あと、乗り換えキャンペーンなども行っていませんし。乗り換えキャンペーンを行っているような供給会社は、大抵の場合、携帯電話の契約みたいに解約縛りがあって、途中でやめるときに違約金が必要になったります。熊本電力では解約時の違約金が必要ありません。 わたし的に、これは大きなポイントでした。 使ってみてイマイチだったら、すぐに東京電力に戻せますからね。電気代ですが東電エリアの電気代って、かなり高いんですよ。北陸地方はかなり安いとかで、結構、地域差があるらしいです。で、熊本電力の供給エリアですが、九州電力のエリアと、東京電力のエリアのみとなっています。 残念ながら、その他の地域へはまだ供給できないようです。さて、肝心の電気代ですが・・・・東京電力 4月分4月初旬ごろまで東京電力を使っていました。4月分(使用期間:3/9~4/8)の東電からの請求金額は19,710円でした。マイニング以外の電気使用量も含んでいます。この頃はGPU4枚でマイニングしていましたよ。東京電力の請求明細↓685kWhで19,710円也。基本料金は約1,123円で、これにプラスして使った量に応じて料金が発生します。 従量制の部分については、1段料金~3段料金に分かれて計算されます。 私の場合、使用量は685kWhでしたので、 1段が約2,342円、2段が約4,680円、3段が約11,557円となっていました。3段の料金が高いですが、3段とは301kWh以上の料金です。つまり、私を含めて多くのマイナーさんのように電気代が高い人たちにとって、重要となるのがこの301kWh以上の電気代です。 上記の私が契約していた東京電力の条件では、301kWh以上の電気代は1kWhあたり30.02円でした。そして、これが熊本電力の場合だと、23.42円となります。2割以上安いです! さらに、基本料金も2割引きの898.56円!!そして↓こちらが、東電と熊本電力の電気料金比較表。(九電エリアの人はもっと安いです)熊本電力ホームページより試算すると・・・、熊本電力だと4月の電気代は16,286円になる訳で、約3,400円も節約できる事になりましたですよ。速攻で契約しました。はい。で、4月初旬から熊本電力に乗り換えー5月の熊本電力の請求明細↓(4/9~5/5使用分)614kWhで15,055円也なんと、熊本電力さん、請求明細の中に「東電より2,881円お得でした」なんて記載してくれてます。分かり易すぎる!こちら6月分の請求明細↓(5/6~6/5使用分)718kWhで17,668円也「東電より3,567円お得でした」だそうです7月(6/6~7/5使用分)は、GPU売っぱらってASIC納品待ち状態だったので、あんまり電気使ってなかったです↓378kWhで9,462円也それでも、「1,323円お得でした」との事東電エリアで迷っている人、東電の通常プラン(解約金が必要ないやつ)を使っているなら、とりあえず熊本電力に換えてみるといいですよ。後でじっくり考えて、もっと条件のよい供給会社が見つかれば、また乗換えればいいんです。毎月10,000円以上支払っているなら検討しましょう。もし毎月20,000円以上払っているなら必須かも!興味を持たれた方、熊本電力はここちらからどうぞ熊本電力HP(QRコードから)以上、ご参考にしていただけると幸いです。*2018年7月時点の情報を元に記事を作成しています。

私もAntminer Z9 miniレビューしまふ

こんにちわ。いつも電脳モグラさんに教えてもらってばかりなので、今日はZ9 miniのレビュー記事を書きます。Antminer Z9 miniがやってくるまで以前はGPUでリグを組んでマイニングしていました。↓こんな感じ。GPUは合計4枚・Palit GeForce GTX 1070TI Super Jetstream x 2枚・GIGABYTE GeForce GTX 1080 G1 Gaming 8G x 2枚アルゴリズムはEquihashで、Zcashを掘っていました。今年4月ごろの実績で、月間0.02BTC程度掘れていました(BTC換算しています)。当時のレートで18,000円/月ぐらいです。で、消費電力はリグ全体で約750Wぐらい。ちなみに、この小さなリグを組むのに30万円程度かかっています。そう。このリグを使って機嫌よくマイニングしていたのです。そして少しずつGPUを増やしていく予定でした。そこに登場したのが、Antminer Z9 miniです。本体価格2000ドルで、月間60,000円の収入。しかも消費電力300Wて。。。天使ですよね。そんな訳で、すぐにGPUを売っぱらって、BITMAIN社のHPでこのASICを発注した次第です。なお、発注のしかたについては、電脳モグラさんの記事↓をご参考あれ。電脳モグラ遂に爆益マイニング専用機ASIC(Antminer Z9 mini)を購入!!Antminer Z9 miniがやってきました6/30、とうとう我が家にAntminer Z9 miniがやってきました。開梱の様子や接続方法については・・・、やはり電脳モグラさんのレビュー↓を見るべし。ASICマイニング!Antminer Z9 mini購入レビューちなみに、うちのZ9 miniの電源には、以前GPUリグに使っていたCorsair RM1000x 80PLUS GOLD(ATX電源)を流用しました。6pinコードが8個つなげられるので、Z9 mini2台までつなげられます。音も静かですし。尚、ATX電源は単独ではスイッチでオン/オフできないので、ATX電源検証ボード (KM-02B)という部品を買って電源に繋げました。1,000円ぐらいで購入できます。 ↑こんなのほんとは750Wのサーバー用電源を買って用意してたんだけど、音がうるさいので使いませんでした。これです↓。PARALLEL MINERというサイトで購入。BITMAINで買うより安いです。この電源もZ9 miniを2台までつなげられます。BITMAIN ANTMINER Z9 MINI POWER SUPPLY 750 WATT 110-240V ASIC MINER PSU 80+ GOLD 92% EFFICIENCYそんなこんなで、これがうちのZ9 miniちゃんです(左側)。可哀そうだけど、うるさいので廊下に置いてます。。。じゃじゃーん。成績やいかに?なんと、意外にもこの15日間で 2.12 ZEC も掘れています。↑AntPoolのダッシュボードをキャプチャしました。現在のZECのレートが、19,500円ほどなので、半月で40,000円ぐらいですかね。かなり優秀ですよね。あ、ちなみに675Mにオーバークロックしてます。消費電力は375W程になります。(750W電源だとオーバークロック2台無理ですね)オーバークロックの方法については、やはり電脳モグラさんの記事↓をご参考ください。Bitmain(ビットメイン)製ASIC(Antminer Z9 mini)のマイニング設定方法を解説私の当初の予定では、ZECのディフィカルティ(採掘難易度)が高騰して収益が激下がりになると思っていたのですが、今のところ、そうではないようです。6月下旬からだと、約1.5倍近く上がっていますが、想定より全然低かったです。今後はどのように推移するか分かりませんが、私は個人的にかなり期待していまして・・・既に2台Z9 miniを追加発注してしまいました。今は本体価格が安くなって買いやすくなっています。・・・という事で、皆様、ご参考になりましたでしょうか。仮想通貨は先行きが読みにくく、ギャンブル的要素が強いので、無理してお金をつぎ込まないように気を付けましょう。ではではー

私もAntminer Z9 miniレビューしまふ

こんにちわ。いつも電脳モグラさんに教えてもらってばかりなので、今日はZ9 miniのレビュー記事を書きます。Antminer Z9 miniがやってくるまで以前はGPUでリグを組んでマイニングしていました。↓こんな感じ。GPUは合計4枚・Palit GeForce GTX 1070TI Super Jetstream x 2枚・GIGABYTE GeForce GTX 1080 G1 Gaming 8G x 2枚アルゴリズムはEquihashで、Zcashを掘っていました。今年4月ごろの実績で、月間0.02BTC程度掘れていました(BTC換算しています)。当時のレートで18,000円/月ぐらいです。で、消費電力はリグ全体で約750Wぐらい。ちなみに、この小さなリグを組むのに30万円程度かかっています。そう。このリグを使って機嫌よくマイニングしていたのです。そして少しずつGPUを増やしていく予定でした。そこに登場したのが、Antminer Z9 miniです。本体価格2000ドルで、月間60,000円の収入。しかも消費電力300Wて。。。天使ですよね。そんな訳で、すぐにGPUを売っぱらって、BITMAIN社のHPでこのASICを発注した次第です。なお、発注のしかたについては、電脳モグラさんの記事↓をご参考あれ。電脳モグラ遂に爆益マイニング専用機ASIC(Antminer Z9 mini)を購入!!Antminer Z9 miniがやってきました6/30、とうとう我が家にAntminer Z9 miniがやってきました。開梱の様子や接続方法については・・・、やはり電脳モグラさんのレビュー↓を見るべし。ASICマイニング!Antminer Z9 mini購入レビューちなみに、うちのZ9 miniの電源には、以前GPUリグに使っていたCorsair RM1000x 80PLUS GOLD(ATX電源)を流用しました。6pinコードが8個つなげられるので、Z9 mini2台までつなげられます。音も静かですし。尚、ATX電源は単独ではスイッチでオン/オフできないので、ATX電源検証ボード (KM-02B)という部品を買って電源に繋げました。1,000円ぐらいで購入できます。 ↑こんなのほんとは750Wのサーバー用電源を買って用意してたんだけど、音がうるさいので使いませんでした。これです↓。PARALLEL MINERというサイトで購入。BITMAINで買うより安いです。この電源もZ9 miniを2台までつなげられます。BITMAIN ANTMINER Z9 MINI POWER SUPPLY 750 WATT 110-240V ASIC MINER PSU 80+ GOLD 92% EFFICIENCYそんなこんなで、これがうちのZ9 miniちゃんです(左側)。可哀そうだけど、うるさいので廊下に置いてます。。。じゃじゃーん。成績やいかに?なんと、意外にもこの15日間で 2.12 ZEC も掘れています。↑AntPoolのダッシュボードをキャプチャしました。現在のZECのレートが、19,500円ほどなので、半月で40,000円ぐらいですかね。かなり優秀ですよね。あ、ちなみに675Mにオーバークロックしてます。消費電力は375W程になります。(750W電源だとオーバークロック2台無理ですね)オーバークロックの方法については、やはり電脳モグラさんの記事↓をご参考ください。Bitmain(ビットメイン)製ASIC(Antminer Z9 mini)のマイニング設定方法を解説私の当初の予定では、ZECのディフィカルティ(採掘難易度)が高騰して収益が激下がりになると思っていたのですが、今のところ、そうではないようです。6月下旬からだと、約1.5倍近く上がっていますが、想定より全然低かったです。今後はどのように推移するか分かりませんが、私は個人的にかなり期待していまして・・・既に2台Z9 miniを追加発注してしまいました。今は本体価格が安くなって買いやすくなっています。・・・という事で、皆様、ご参考になりましたでしょうか。仮想通貨は先行きが読みにくく、ギャンブル的要素が強いので、無理してお金をつぎ込まないように気を付けましょう。ではではー

東京電力から熊本電力へ乗換えました <電気代節約レビュー>

東京だけど、熊本電力!こんにちわ。電気料金のレビューってあまり見かけないので、書いてみる事にします。実は4月に東京電力から熊本電力に乗り換えました。私は東京で暮らしています。ので、電力会社はずーっと東京電力を使用していました。でもマイニングを始めてから電気代が高くなってきて、少しでも安くならないかなーって、考えるようになりました。色々調べてみるとー、いろんな電力会社を選べるではありませんか。乗換えキャンペーンなんかもやってたりしますよね。でもね、敷居が高いんです。それは解約時に違約金が発生するからです。マイニングなんていつ辞めるかわからないのに、解約違約金なんて痛すぎるじゃないですか。そんな時に見つけたのが熊本電力でした。熊本電力とはですね・・・関東ではあまり聞いた事のない電力会社ですが、今年2月にマイニングする企業に国内最安値で電力を供給すると公表して話題になった企業です。ただ、国内最安値といっても、ある特定の企業に対しての供給の事であって、個人向けの電気料金の事ではありません。でもこの公表資料をみて、わたしは、マイニングにとても理解のある会社なんだなーって思いました。最近では、8月からマイニングファームを稼働するなんて報道されていましたね。色々調べてみると、個人向けも地味に安い事が判明。 なぜ地味かって?? 大手のように広告してないからです。あと、乗り換えキャンペーンなども行っていませんし。乗り換えキャンペーンを行っているような供給会社は、大抵の場合、携帯電話の契約みたいに解約縛りがあって、途中でやめるときに違約金が必要になったります。熊本電力では解約時の違約金が必要ありません。 わたし的に、これは大きなポイントでした。 使ってみてイマイチだったら、すぐに東京電力に戻せますからね。電気代ですが東電エリアの電気代って、かなり高いんですよ。北陸地方はかなり安いとかで、結構、地域差があるらしいです。で、熊本電力の供給エリアですが、九州電力のエリアと、東京電力のエリアのみとなっています。 残念ながら、その他の地域へはまだ供給できないようです。さて、肝心の電気代ですが・・・・東京電力 4月分4月初旬ごろまで東京電力を使っていました。4月分(使用期間:3/9~4/8)の東電からの請求金額は19,710円でした。マイニング以外の電気使用量も含んでいます。この頃はGPU4枚でマイニングしていましたよ。東京電力の請求明細↓685kWhで19,710円也。基本料金は約1,123円で、これにプラスして使った量に応じて料金が発生します。 従量制の部分については、1段料金~3段料金に分かれて計算されます。 私の場合、使用量は685kWhでしたので、 1段が約2,342円、2段が約4,680円、3段が約11,557円となっていました。3段の料金が高いですが、3段とは301kWh以上の料金です。つまり、私を含めて多くのマイナーさんのように電気代が高い人たちにとって、重要となるのがこの301kWh以上の電気代です。 上記の私が契約していた東京電力の条件では、301kWh以上の電気代は1kWhあたり30.02円でした。そして、これが熊本電力の場合だと、23.42円となります。2割以上安いです! さらに、基本料金も2割引きの898.56円!!そして↓こちらが、東電と熊本電力の電気料金比較表。(九電エリアの人はもっと安いです)熊本電力ホームページより試算すると・・・、熊本電力だと4月の電気代は16,286円になる訳で、約3,400円も節約できる事になりましたですよ。速攻で契約しました。はい。で、4月初旬から熊本電力に乗り換えー5月の熊本電力の請求明細↓(4/9~5/5使用分)614kWhで15,055円也なんと、熊本電力さん、請求明細の中に「東電より2,881円お得でした」なんて記載してくれてます。分かり易すぎる!こちら6月分の請求明細↓(5/6~6/5使用分)718kWhで17,668円也「東電より3,567円お得でした」だそうです7月(6/6~7/5使用分)は、GPU売っぱらってASIC納品待ち状態だったので、あんまり電気使ってなかったです↓378kWhで9,462円也それでも、「1,323円お得でした」との事東電エリアで迷っている人、東電の通常プラン(解約金が必要ないやつ)を使っているなら、とりあえず熊本電力に換えてみるといいですよ。後でじっくり考えて、もっと条件のよい供給会社が見つかれば、また乗換えればいいんです。毎月10,000円以上支払っているなら検討しましょう。もし毎月20,000円以上払っているなら必須かも!興味を持たれた方、熊本電力はここちらからどうぞ熊本電力HP(QRコードから)以上、ご参考にしていただけると幸いです。*2018年7月時点の情報を元に記事を作成しています。

DMMのマイニングファームの現在の状況は?電脳モグラが勝手に偵察してきたぞ

法令遵守どうも、マイナーソムリエの電脳モグラです。本日はなんとDMMのマイニングファームを勝手に偵察してきました。(実はモグラの家から結構近め)当然!?無許可です。なので敷地内には入れません。道路から撮影してきました。DMMマイニングファーム(春先)それではまず、春先のマイニングファームの外観をご覧下さい。他の記事では「3月末に一般公開する予定」とのことでした。image.itmedia.co.jpDMMマイニングファーム(8月現在)現在の様子です。どこが変わったか注意深く見比べて下さい。3個ぐらい変わった箇所があります。横からの写真お分りいただけるだろうか・・・?正面からの写真わかるかなー?答え合わせそれでは答え合わせです。なんと!看板が撤去されているではあーりませんか!?なぜだ?一回取り付けたものを、あえて外すセキュリティーの都合上?ショールームなのに?謎です。果たして一般公開はいつになるのでしょうか?そして大量のエアコン室外機これは・・・多すぎる・・多すぎるし排熱をエアコンだけでできるのだろうか?熱を室外に出す特別な空調システムがないときつい気がするんだけど・・というかエアコンだと赤字!延べ床面積がそこそこあるので、エアコンで全体を冷やすのは無理があると思うよ(知らんけど)マイニングファームのキュービクルキュービクルも撮影してきた。これは何KVAぐらいなのだろうか?キュービクルソムリエの方コメント待ってます。iPhoneのズームではこれが限界だったよただ、本稼働していないのは遠目からでもわかった。DMMマイニングファームの現状のまとめ現状、金沢にあるDMMマイニングファーム(ショールーム)は稼働してなさそうだった。一般公開もされていない。確かグラボはGTX 1060を使っているようなことを他の記事で見た気がする。現状はGTX系のマイニングはみんなほぼ赤字・・ASICも半年以上経っているので恐らく赤字でしょう・・ショールームが公開されたら速攻でレポートするぜけど・・ショールーム作るなら秋葉原の方がいいと思うんだけど(小並感)

該当するユーザーはいません

記事に関するタグ

該当するタグはありません

ユーザーに関するタグ

該当するタグはありません

該当するスポットはありません